ホットフラッシュ、子宮摘出との関係はあるのか

ホットフラッシュとは、
女性の更年期障害によく現れる症状です。

特に理由もなく急に顔があつくなったり、
のぼせて顔が赤くなったりする
「ほてり(ホットフラッシュ)」
と言われる症状は
更年期に見られる皮膚症状の代表で
更年期障害の患者の7割程度が
自覚すると言われています。

スポンサーリンク

1.ほてりの原因

ホットフラッシュは単機能の低下によって
エストロゲンの分泌低下が
関与していると考えられています。

エストロゲンの低下により、
自律神経のバランスの崩れからおこると
考えられています。

比較的更年期の初期に多く、
閉経後は徐々に収まります。

ホットフラッシュの原因は更年期以外でも、

  • 自律神経失調症
  • パニック障害
  • 極度の疲労

などが考えられます。

2.ほてりの症状

顔面や頭頸部の皮膚の紅潮や熱感に加え、

  • 動悸
  • めまい
  • 嘔吐
  • 発汗
  • 発汗による下半身の冷え

という症状が突然起こります。

ほてりは更年期の月経が不順になる頃から
自覚されはじめ、
長ければ閉経後5年ほどつづきます。

3.ほてりの治療

ほてりやのぼせ、多汗などの更年期障害は
特に病気ではないため、
一人で我慢してしまう女性も少なくありません。

でも生活や仕事に支障をきたすほど症状がひどいときは
無理をせずに婦人科の診療を受けましょう。

  • ホルモン補充治療
  • 漢方治療
  • 心理治療

などがあります。

4.日常生活における対処法と予防

食事はバランスよく食べること。

大豆には更年期になると減少する
エストロゲンのように働く
大豆イソフラボンが多く含まれており、
ホットフラッシュをしずめる作用もあります。

体重管理

肥満傾向にある女性にほてりや発汗などの
ホットフラッシュが多く見られると言われています。

更年期は代謝機能も落ちているので
カロリーコントロールをしましょう。

適度な運動

毎日適度な運動を行いましょう。

気分転換になって、
ストレス解消にもなります。

刺激物は避ける

ホットフラッシュを誘発する
刺激物は避けましょう。

辛いもの以外に

  • カフェイン
  • 紅茶
  • お酒

なども控えましょう。

その他にも冷却ジェルや
体温調節ができる服装の
工夫などもしましょう。

子宮摘出で
更年期が早まる可能性は低いです。

子宮を摘出しても卵巣がのこっていて、
しっかり機能していれば、
ホットフラッシュや動悸などの更年期の症状が出る
ということは考えにくいのです。

子宮を摘出したことによって、
卵巣への血流が変化し、
卵巣機能が低下するという考え方も
しっかりとした科学的データはないです。

クリック応援、よろしくお願いします!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク