未来の治療への期待「バイオバンク」知ってる?

スポンサーリンク

バイオバンクとは

バイオバンクとは

「遺伝的研究の目的で利用できるように資源として構成されたもの」

「遺伝的研究にとどまらずに広範な研究」

の2つがあります。

バイオバンクの分類

バイオバンク

地域住民や一定の集団を対象としたバイオバンクと、

一定の疾患を対象としたバイオバンク

に分類されています。

この2種類は、更に

集団を追跡研究するバイオバンクと、

追跡をしないで1回限りで試料と情報を収集するバイオバンク

に分類されています。

大きく分けると4つになります。

この中で、2点のことに
注意しておきたいことがあります。

疾患特異的バイオバンク

対象疾患範囲が定まっている場合と、

一定の範囲で広い対象疾患を想定する場合

があります。

大半の患者に疾患としての診断がついて
その後、希少な未診断の結果から
新しい疾患が定されて
医学の進展になるのです。

健常人あるいは、患者を対象とした研究で
バイオバンクは追跡調査が
重要になります。

バイオバンクは多数の試料と、膨大な情報を収集する必要がある

多数の試料を集めるのには
理由があります。

結果で統計をとるために
十分な症例数が必要になります。

論文で統計を主張する場合に独立して、
収集された背景が
同一の集団の結果の
再現性が求められるからです。

なので、大きなコレクションが
1つあればよいということではなくて、
複数の独立のコレクションが
必要となってきます。

より詳細な疾病解析を行う場合、
同等の症例を厳選するためには、
一定の病態範囲での
膨大な数の収集が必要となります。

技術が生むバイオバンクの課題

新しい解析技術が生む
バイオバンクの課題は2つあります。

技術の進歩は
より詳細な解析を可能としますが、
そのためには、
より高品質で標準化された試料と情報が
必要となります。

新しい技術は、
それまで利用できなかった試料から
新しい情報を可能にして
新しい価値を生むことです。

この点はこれまで保管されている試料の
廃棄にあたって検討をする課題です。

バイオバンクは世界の未来をかえるアイデア

人間が病を得て病院へ行き、
医師の診察と治療を受ける患者が病院にかかり、
治療を受ける時に残された

  • 組織
  • 検体
  • 検査情報
  • 診断情報

などは、次の医学研究を支える
資源となります。

そして、バイオバンクは医療と、
医学研究のサイクルを回転させるとして
試料と情報を保管する
重要な役割を持っています。

それによって、医療は

「目の前の一人の患者の現在の病を診断して治し、
緩和し、生活を取り戻すこと」


を目的としています。

今の医療の背後には、
これまでの医療と研究の
積み重ねがあります。

そして、このような日々の
医療行為と医学研究とのサイクルを
意識的に回転させることこそ、

バイオバンクが世界の未来をかえる
アイデアということなのです。

それと同時に試料と情報が
保管されて共有されることで、

これまで一部の医師、医療関係者しか
利用できなかった人の
試料と情報をその分野外の研究者や企業が利用して

斬新なアイデアを試すことが
できるのです。

患者さんの中には、
様々な病と戦っている人がいます。

肺がん、肝臓がん、卵巣がんなど、
この人達のためにも、
医療は研究を重ね
よりよい医療を目指しています。

悩んでる、苦しんでいる方への
不安を減らしていける
治療の未来へと繋げてほしいものですね。

クリック応援、よろしくお願いします!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク