卵巣がんのエコー検査ってどんな感じ?痛いの?

経膣超音波検査は
子宮や卵巣を調べる検査として
とても効果的です。

子宮や卵巣を至近距離から
映像で診断することができることから、
産婦人科の診療では
大切な検査となっています。

子宮がん卵巣がんの早期発見のために、
定期的な検査が必要です。

スポンサーリンク

経膣超音波検査とは

経膣超音波検査は、
おやゆびの太さくらいの
棒状の経膣プローブを膣内に挿入して
子宮、卵巣など
骨盤内の臓器を検査します。

モニターに写し出される
子宮や卵巣の映像を見ながら
説明を受けられます。

経膣卵巣がんのエコー検査に比べて
はるかにきれいな映像が得られることから、
産婦人科の診療では
大切な検査となっています。

この検査では
子宮筋腫子宮内膜症といった
子宮の疾患や、
卵巣がん卵巣嚢腫といった
卵巣の疾患を発見することが
可能となっており、
しかも通常発見が困難な
小さな腫瘍を発見することも可能です。

検査でわかること

  • 子宮や卵巣の位置
  • 大きさ
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜の異常
  • 排卵の予想

などがわかります。

経膣超音波検査の所見で疑われること

  • 子宮留水症
  • 子宮留血症
  • 子宮留膿症
  • 子宮内膜増殖症
  • 子宮体がん
  • 子宮筋腫
  • 子宮肉腫

などがあります。

検査の流れ

1.

経膣超音波では、
膀胱にたまっている水分は排出したほうが
新鮮な画像が得られます。

準備された検査着に着替えます。
または、下半身だけ裸になり、
準備されたバスタオルなどを巻きます。

2.

検査台にのる

検査台はいすのようになっています。
両足をそれぞれ支える台があり、
ひざを曲げて足を開いたまま、
そこに両足を乗せます。

3.

超音波検査

スティック状のプローブを膣に挿入し、
超音波をあて、
モニターに映しだされる画像をみながら
検査します。

4.

検査結果

後日、診断結果を受けとります。
診断結果によっては
さらに精密検査を行います。

経膣超音波検査の費用は
病院によって様々ですが、
およそ3000円~7000円前後です。

婦人科の超音波検査は、
現代女性に多い
子宮筋腫子宮内膜症卵巣嚢腫など、
子宮や卵巣のトラブル、
病気を知るのにかかせません。

超音波機器の発達で、
子宮や卵巣の中まで
詳しく見られるようになりました。

痛みもなく、簡単に安全にでき、
自分でもリアルタイムで
子宮や卵巣の様子を
確かめることができます。

婦人科の定期検診として
検査をしてみるのもいいです。

もしものときの早期発見のためにも
受けられることをおすすめします。

安心して検査を受けてみてください。

スポンサーリンク