がんと食生活、生活習慣病の関係

最近日本人に増えているがん。

この原因は肉中心の食生活や
植物繊維不足など、
日本人の食生活の変化にあると
言われています。

がんを防ぐためにはまず、
栄養バランスのとれた
規則正しい食事を心がけましょう。

スポンサーリンク

食べ過ぎない

カロリーの取りすぎと運動不足は肥満のもと、
肥満はがんを始め
動脈硬化や糖尿病などの発生率を
高めてしまいます。

1日のカロリー摂取量は
成人男性で2500kcal
言われています。

特に、身体を動かすような仕事をしていない人なら
2200kcalくらいが目安です。

栄養バランスのとれた変化のある食事

一般的に、がんの原因は高脂肪摂取、
がんを防ぐのは野菜類
と言われています。

多くのサラリーマンの食生活の現状と理想は
まったく逆のパターンなのです。

健康を考えれば忙しいばかりも
言っていられないでしょう。

事務職の男性の場合、
1日のたんぱく質摂取目安は、

  • 乳製品250g
  • 緑黄色野菜100g
  • いも類100g
  • 果物200g

はとるようにしましょう。

また毎日肉類ではなく、
週3~4回は魚のメニューにするなど
献立に変化をつけることも
大切です。

塩分のとりすぎに注意

がんの原因のひとつが
塩分の取りすぎだと
言われています。

健康な人で1日10g
高血圧気味の人なら1日8g
くらいが限度だと考えましょう。

1日3食、規則正しく

不規則な食生活はがんの原因のひとつ、
夕食が深夜になったり、
朝食を抜いたりといった食生活は
がんだけでなく、
他の生活習慣病のもとにもなります。

また朝は軽く、
夜は重くといったカロリーバランスも
考えものです。

忙しくて夕食時間が遅くなる人は
3食のバランスも見直してみましょう。

ビタミン、食物繊維はがん予防にも効きます。

野菜や海藻類、果物に含まれる
ビタミン類や食物繊維は、
がんの予防にも活躍する栄養素で、
最近では錠剤や飲み物なども出回っているが、
たとえばビタミンAなどは取りすぎると
髪の毛が抜けたり食欲不振になったりなど、
過剰症を起こすこともあります。

普段の食生活でとるようにするのが一番です。

私たちの身体において食生活は
とても大事なことです。

その食生活の中でもきちんと栄養を考えた
献立をとることがとても重要になってきます。

肉類ばかりのメニューだったり、
かたよったメニューでは、
いつか身体に負担をかかけます。

一品でも工夫して
栄養のとれた食事にしたいですね。

いつも好きなものばかり食べていては、
身体にはよくありません。

病気になる前に
一度見直してみるのもいいでしょう。

クリック応援、よろしくお願いします!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク