知らないと損する!がん対策基本法が改正されたけどその内容は何?

国立がん研究所センターによると、
2016年時点で、
新たに「がん」と診断された患者は、
100万人近くと推定されています。

さらに近年では、
人口の高齢化が原因で
がん患者が増え続けています。

今や日本人の2人に1人が、
がんにかかっても
おかしくはない時代です。

がん患者が増える時代になり、
2006年にがん対策基本法が制定され、
2016年にはがん対策基本法が
新たに改正されました。

改正前と改正後では、
どのように変化したのでしょうか。

スポンサーリンク

1. 「がん対策基本法」の目的って何?

がん対策基本法とは、

・ がん患者に適切な医療を提供できる体制を整えること
・ がん治療に対して詳しく研究に取り組むこと
・ がんの治療のための設備の普及を目指すこと、など

がん患者のがんの治療のための
法律になります。

2006年6月にがん対策基本法は、
がん患者が一層がんに対して
安心して治療に専念できるようにと
制定されました。

しかし、この時点で社会でのがんの理解度は
そこまで得られていませんでした。

がんに罹ってしまうと、
その人の人生が
ガラリと変わってしまいます。

がん対策基本法が制定されても、
現在勤めている会社を辞めて、
入院して治療に専念するケースも
珍しくはありませんでした。

2. がん対策基本法の改正後はどのように内容が変わったの?

がん対策基本法が制定されてから
10年後の2016年12月に、

『周りの人達からがん患者への理解が深まるようになって欲しい、社会で安全に暮らすことができるように』

と願ってがん対策基本法が
改正されました。

改定後の内容では、

・ がん患者の社会での雇用の継続
・ 子供のがん患者が、治療を続けながら学業を受けられる設備の整備
・ がんの予防や治療のための検診の実状の把握
・ 症例が少ない”希少がん”や、治療がしにくい”難治性がん”の研究の推進
・ がんに対する理解をするために、国や民間団体ががんに対する勉強会の開催など、

があります。

改正までの10年間には、
医療が進歩して、
高度ながん治療を受けれるようになりました。

治療後には
社会復帰できるようになる人が増えたことや
がんの治療に専念するために
退職を余儀なくされた人がいることから、
がん対策基本法が見直され、
改正したという経緯があります。

3. がん対策基本法の改正後のまとめ

改正されたのは、去年ですから
まだまだ社会への理解は
足りないかもしれません。

ですが、改正されてから少しずつですが、
世間に対するがんに対する見方が
良いほうに変わってきたのではないでしょうか。

がん患者だけでなく、
周りの人達のがんへの理解を得ることで
がん患者にとって
過ごしやすい社会になっていくと良いですね。

クリック応援、よろしくお願いします!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク