抗がん剤による排尿障害

がん治療による後遺症や副作用として、
排尿障害がおこる可能性があります。

これからがん治療を受ける予定の人にとって
大きな心配ごとのひとつであり、
理解しておきたい症状です。

スポンサーリンク

排尿障害のメカニズム

がんの治療中に生じる
排尿障害の主な原因としては、

  • がん自体の症状
  • 手術の後遺症
  • 薬物治療の副作用

があげられます。

がん自体の症状

尿道を囲む位置にある
前立腺ががんになると、
腫瘍が大きくなるにつれて
尿道が圧迫されて
排尿に問題が生じます。

また、膀胱がんでは、
腫瘍のために膀胱の弛緩や
収縮ができなくなることで
排尿障害が起こります。

手術の後遺症

直腸がんや女性生殖器がんの手術の際に
排尿機能を司る神経が
損傷することでおこる排尿障害です。

膀胱に尿がたまっているにも関わらず、
「尿意を感じない」という症状や、
十分な排尿ができず、
「残尿後に尿失禁してしまう」
といった症状があります。

薬物治療の副作用

抗がん剤はがん細胞のみならず
全身の細胞に影響を与えるため
排尿を司る神経に影響を及ぼすことで
排尿障害を引き起こすことがあります。

膀胱に尿がたまっていても
尿意を感じないのが主な症状です。

排尿障害の治療法や対処方法

1.骨盤底筋体操
尿道や肛門、膣をしめる運動を繰り返し行ない、
排尿に必要な筋力や
尿道を閉める筋力を鍛える方法です。

失禁に効果があるといわれています。

2.排尿リハビリテーション
手術による神経損傷が原因でおこる
排尿障害の場合、
膀胱に刺激を与える
リハビリテーションが行われます。

尿道によって排尿を補助しながら
膀胱に弛緩と収縮の刺激を与えるのが、
その具体的な内容です。

手術後に自然排尿が不可能な人は4
時間ごとに尿道を行い、
定期的に膀胱を収縮させる必要があります。

そのときには、
尿量が300~400mlになるような
調節も必要です。

3.薬物療法
軽い排尿機能障害の場合には、
膀胱の収縮を促す福交感神経刺激薬や、
尿道の抵抗を少なくする
α遮断薬が処方されます。

4.排尿障害と付き合うために
排尿障害を放置すると、
体内で不要になった老廃物を排泄できずに
膀胱に溜め込むこととなるため、
病原菌が繁殖しやすくなります。

そして、病原菌が腎臓にまで広がると、
全身に悪影響が及ぶ危険性があります。

残念ながら排尿障害は
短期間での治療は
むずかしいのが現状です。

しかし、適切な治療やケアを受けることで、
多くの患者さんが
排尿障害を改善しています。

排尿障害の症状は精神的な苦痛に加え、
失禁の場合は陰部のただれや臭い、
衣服の漏れなどの不安を引き起こします。

これらの不安の多くは
失禁装具を適切に使うことで
解消できます。

恥心から相談するのが
ためらわれるかもしれませんが、
ひとりで悩まずに
医師などに相談しましょう。

スポンサーリンク