白血球の数値を下げないために…抗がん剤治療中の対策を知っておこう!

白血球の数値が少ないと言われたら、
抗がん剤による治療の影響で、
血液中の白血球の数が
減少することがあります。

白血球の数が減ってきたときには
何を気をつけたらよいでしょうか?

スポンサーリンク

体を守っている白血球

血液の中には、

  • 赤血球
  • 白血球
  • 血小板

とよばれる
3種類の血球細胞があります。

それぞれには役割りがあり、
白血球には

  • 細菌
  • カビ
  • ウィルス

などの異物を排除して
体を守る大切な働きがあります。

白血球にはいろいろな種類があり、
顆粒球と呼ばれる

  • 好中球
  • 好酸球
  • 好塩基球

と、無顆粒球に分類される

  • 単球
  • リンパ球

5つに分けられています。

中でも好中球は白血球の
50~70%を占めるため、
その数を副作用の指標として
みることも多くあります。

抗がん剤は、がん細胞の1つの特徴である
増殖活性の高い細胞をターゲットとしていますので、
分裂の盛んな正常細胞も
同様にダメージを受けます。

血液をつくる骨髄も
ダメージを受けやすい組織の1つです。

そのため、抗がん剤により、
骨髄の機能が低下すると、
白血球の減少という形で
副作用が出現するのです。

白血球数が減少する時期

現在は抗がん剤による
白血球が減少する時期が予測できるので、
どの時期に特に注意すべきかについて、
医師から説明はあると思います。

よく相談しておきましょう。

一般的に、抗がん剤の投与後
2~3日で減少がはじまり、
10~14日で最も少なくなり、
3週間目は回復期となることが多いです。

白血球が減少すると…?

白血球が減少した時に心配なのは、
体を守る役割りを果たしている白血球が少なくなると、

体内に入ってきた細菌などの
病原菌を排除する力が弱くなるので、
感染しやすい状態になります。

感染したときの症状には
どのようなものがあるのでしょうか…

感染症の症状

  • 寒い
  • ふるえる
  • 頭痛
  • 喉の痛み
  • のどの腫れ
  • 鼻水
  • たん
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 下痢
  • 頻尿
  • 血尿
  • おりものの増加
  • 歯の痛み

などです。

白血球数が減少しているときに気をつけたいこと

感染症を予防するために、
感染経路を絶つことが
重要になります。

日常生活の中で、気をつけたいこと

  • 手を洗う
  • 外出時は人混みをさける
  • うがい
  • 食事
  • 歯みがき
  • 入浴
  • そうじ
  • けがをしないように気をつける

などです。

普段していることとあまりかわらないと思うので、
これはすぐに対策できることだと思います。

感染したときの症状が出たらすぐに受診を

抗がん剤治療による影響で
白血球が減少すると
感染症にかかりやすいので、
注意が必要です。

感染予防に努めるとともに、
感染の兆候を
見逃さないようにしないといけません。

何かおかしいと感じたら
早めに受診しましょう。

クリック応援、よろしくお願いします!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク