様々ながんに効果のある遺伝子治療とは…そのメリットとデメリットは?

がん治療の1つとして、
「遺伝子治療」
があります。

現在のがんの3大治療である

「手術、抗がん剤、放射線」

と比べて副作用が少ない点が
大きなメリットですが、

まだ研究段階でもあり、
成功例は多くないと言われています。

スポンサーリンク

がん治療法「遺伝子治療」内容

卵巣がんや、乳がん、
様々ながんの治療といえば、

多くの場合まずは
病巣を摘出するための手術が
第1選択となります。

すでに、手術ができない場合
もしくは再発防止のために
手術と合わせて行われるのが、

化学療法(抗がん剤)
放射線療法です。

すべて治療はいずれも効果があり、
現在の標準治療となっていますが、
一方で副作用や後遺症などの
リスクもあります。

しかし、発見が遅れてしまった
末期がんの患者さんに対しては
適用できないことも
少なくありません。

末期がんを宣告された
患者さんにとっては、
治療法が限られた中でしか
できなくなるため、

精神的にも
落ちてしまいます。

その中でも、
最近登場した新しい治療法が
「遺伝子治療」
です。

これは、治療用の遺伝子情報を
人工的に組み込んだウィルスを、
点滴などで体内に入れることで、

がん細胞を修復する
治療法になります。

がん細胞は
正常な細胞分裂に失敗し、
異常な遺伝子を
持ってしまっているため、

この遺伝子を
修復するウィルスを届ければ、
失われた機能を
回復できると考えられるのです。

様々ながん治療、遺伝子治療のメリット、デメリット

様々ながんの遺伝子治療は、
抗がん剤のように
正常な細胞にダメージを与えないため、

  • 吐き気
  • 脱毛
  • 骨髄抑制

といった副作用が
ほとんどない点が
大きなメリットです。

つまり安全性が非常に高く、
末期がんなど
他の治療をすでに行えない患者さんにも
適用することができます。

そして、がん細胞に対して
独特のアプローチをするため、
他の治療法と併用することも
可能です。

例えるなら、
抗がん剤や放射線などと併用することで
より多角的にがん細胞を
攻撃できる可能性があります。

一方デメリットとしては、
現在のところ健康保険が使えず、
治療費が高額になることと、

まだ成功例が少ないことが
挙げられます。

様々ながん治療の遺伝子治療は、
理論上は優れた治療法なのですが、

治療用の遺伝子を
体内で思うように働かせることが
まだ難しく、

十分な有効性が
確認されていません。

この問題を解決するため、
方法を模索していますので、

近い将来には
より効果の高い遺伝子治療
開発されることが
期待されています。

いいことの多い、遺伝子治療ですが、
まだまだ研究段階なこともあるので、
よりよいがん治療法となることを
期待しましょう。

早い成功を
望みたいものですね。

スポンサーリンク