イメンドカプセルの副作用

イメンドカプセルは、
吐き気や嘔吐を抑える作用のある薬です。

塩酸トロピセトロン製剤、塩酸ラモセトロン製剤は
腹部の迷走神経に働きかけて
制吐作用を示すもので、
抗がん剤使用による
吐き気、嘔吐などの
消化器症状の治療に用いられます。

クエン酸モサプリド製剤は、
消化管内にある神経そうに働きかけて
消化管運動及び胃内容物の排出をし、
制吐作用を示します。

慢性胃炎に伴う

  • 胸やけ
  • 吐き気
  • 嘔吐

などの消化器症状の治療に
用いられます。

また経口腸管洗浄剤による
バリウム注腸X線造影検査前処理の
補助にも用います。

塩酸グラニセトロン製剤やアプレピタント製剤は
各種抗がん剤の使用に伴っておこる
吐き気、嘔吐などの消化器症状を抑える薬で、
他の制吐剤がきかない場合でも、
強力な効果を示します。

ただし、使用は抗がん剤による
症状の改善のみにかぎられます。

アプレピタント製剤は
遅発期の症状にも効果があります。

スポンサーリンク

副作用

①ときに、発疹などの過敏症状を
起こすことがあります。
過敏症状が起こったときは
使用を止め、
すぐに医師に相談してください。

②塩酸アザセトロン製剤、塩酸ラモセトロン製剤ではときに

  • ショック
  • てんかん発作
  • 頭痛
  • 頭重感
  • 下血
  • 腎機能障害

などがおこることがあります。

クエン酸モサプリド製剤では、ときに

  • 下り
  • 口の渇き
  • 腹病
  • 動悸
  • めまい
  • だるさ
  • 肝機能異常
  • 腹部膨満感
  • はきけ
  • 頭痛
  • 便秘
  • 残尿感

などが起こることがあります。

塩酸インジセトロン製剤では、

  • しゃっくり
  • 頭痛
  • 血液障害
  • 腎機能障害
  • 発熱
  • 関節痛
  • 排尿困難

などが起こることがあります。

アプレピタント製剤では

  • 発疹
  • 不眠
  • 不安
  • めまい
  • 不整脈
  • ほてり
  • しゃっくり
  • 便秘
  • 食道炎
  • 食欲不振
  • 頭痛
  • 無力症
  • 消化不良
  • 胃炎
  • は労力
  • アナフィラシキー
  • 口内炎
  • せき
  • 排尿異常
  • 筋痛けいれん

などがおこることがあります。

使用上の注意

①錠剤、カプセル剤があります。
クエン酸モサプリド製剤は1日3回
食前または食後、
塩酸アザセトロン製剤、塩酸ラモセトロン製剤は
1日1回の服用が原則です。

アプレピタント製剤はカプセル剤で、
1日1回の服用です。

この薬の成分に対して過敏症の既往歴がある人や、
ピモジド剤を使用中の人は
使えません。

②アレルギーなどの体質、
現在使用中の薬の有無を
必ず医師に報告してください。

③妊婦、現在妊娠する可能性のある人、
母乳で授乳してる人は
あらかじめ医師に報告してください。

クリック応援、よろしくお願いします!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク