インドール化合物の食材でがん予防をしよう

インドール化合物

  • キャベツ
  • ブロッコリー
  • 芽キャベツ

等のアブラナ科の野菜に
含まれます。

共通の親化合物、
グルコブラシシンから誘導されます。

キャベツやブロッコリーの摂取と
特定のがんの予防の関係性があり、

インドールが化学予防的特性を
有することが実証されているのです。

インドールは初期段階の
発がんを抑制します。

スポンサーリンク

アブラナ科の野菜とがん予防

アブラナ科の野菜には、

  • ビタミン類
  • ミネラル類
  • その他の栄養素、
  • またはグルコシノレートとして知られる化合物

が含まれています。

グルコシノレートは
数種類の生物学的活性化合物に分類されていて、
現在では抗がん作用の可能性について
研究が行われています。

アブラナ科の野菜には何がある?

  • ルッコラ
  • キャベツ
  • チンゲン菜
  • カブ
  • カリフラワー
  • ブロッコリー
  • クレソン
  • 芽キャベツ
  • わさび
  • ラディッシュ

などがあります。

アブラナ科の野菜は
栄養素が豊富で数種類の

  • カロチノイド
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • 葉酸
  • ミネラル

があります。

また優れた食物繊維の
摂取源でもあるんです。

さらに、アブラナ科の野菜には、
グルコシノレートという
硫黄を含有する化合物群が
含まれています。

この化合物がアブラナ科の野菜の
ツンとした匂いや
苦味の原因になります。

調理中、消化中に
アブラナ科の野菜に含まれる
グルコシノレートが分解されて、

インドールニトリルチオシアン酸などの
生物学的活性化合物が生成されます。

インドールイセチオシアン酸は、

  • 膀胱がん
  • 乳がん
  • 卵巣がん
  • 大腸がん
  • 肝臓がん
  • 肺がん
  • 胃がん

などの複数の臓器で
がん細胞の増殖を
抑制することができます。

がん予防に役立つ可能性のある
次の作用が確認されています。

1、DNAの損傷から細胞を保護する働きを助ける

2、発がん性物質を不活化する

3、抗ウィルスの作用や抗菌作用がある

4、抗炎症作用がある

アブラナ科の野菜ががんリスクの軽減する

乳がんや卵巣がん
アブラナ科の野菜の摂取が多い女性は、
乳がん、卵巣がんになる可能性が
低いことがわかっています。

アブラナ科野菜は健康食のひとつ

一般的に野菜の摂取が多い場合、
ある種類のがんを含め、
いくつかの疾患から
保護することになります。

積極的に取り入れる人と、
そうでない人と比べると
疾患リスクを低減します。

インドール化合物を含む食材を
摂取することによって、
様々ながんや
疾患の予防につながるのです。

食材は少しくせのあるものが多いですが、
調理の工夫をしながら
食してみるといいです。

スポンサーリンク