研究によって開発された樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞ワクチン療法

スポンサーリンク

司令官を体の外で増やします

樹状細胞は、免疫細胞に分類され、
リンパ球にがんの目印を教えて
がんを攻撃させるのです。

いわゆる抗腫瘍免疫において
「司令官」
となるのです。

しかし、がん細胞が増えすぎると
樹状細胞の働きが追い付かなくなって
その結果、がん細胞が
増殖してしまうのです。

その問題を解決するために、
樹状細胞を体外で培養して、
増やしてから患者さんの体内に戻す

「樹状細胞ワクチン療法」


が研究開発されました。

様々ながんに厳しく患者さんに優しい治療法

樹状細胞ワクチン療法は、
樹状細胞の働きを活かした、

  • 胃がん
  • 肺がん
  • 子宮がん
  • 卵巣がん

の療法なのです。

もともとがん細胞は、
自分自身の正常細胞から
変異しているため、

樹状細胞といっても
がん細胞を認識することは
容易ではないのです。

そこで、自身のがん組織や、
人工的に作製した
がんの特徴を持つ物質を用いて

患者さんの樹状細胞
がんの目印を認識させて
体内に戻すのです。

すると体内では、
リンパ球が樹状細胞からがんの目印を教わり、
がん細胞を狙って
攻撃を開始するのです。

このように、樹状細胞ワクチン療法は、
傷つけないことから

「がんに厳しく患者さんに優しい治療法」


と言われています。

人工がん抗原を用いて樹状細胞を司令官にする方法

がんの目印を樹状細胞へ覚えさせるためには
手術などで取り出した患者さんの
がん組織が必要になります。

しかし、すでに手術を終えて
がん組織を摘出、廃棄済みの場合や、
全身状態が悪くて
がん組織を採取できない場合があり、

自己がん組織を用意するのは
容易ではありません。

そこで、考え出されたのが、
多くのがんで高頻度に発現している
がんの目印を人工的に合成して、

それを樹状細胞
覚えこませる方法です。

そして、この人工がん抗原の中で
注目を集めているのが

「WT1ペプチド」


です。

このがん抗原は、
多くの固形または、
血液がんに発現しているため

樹状細胞が認識するべき
がんの目印として好都合です。

現在までに樹状細胞ワクチン療法に使用できる
人工がん抗原は
数多く開発されてきました。

その中でもWT1ペプチドは有用ながん抗原として
高い評価を受けています。

研究について

樹状細胞ワクチン療法には、

  • 自己がん組織樹状細胞ワクチン療法
  • 人工抗原樹状細胞ワクチン療法
  • 局所樹状細胞ワクチン療法

の3つの種類があります。

自己がん組織樹状細胞ワクチン療法では、
すでに手術を行った後であったり、

手術でがん組織を採取することが難しかったりと、
患者さん自身のがん組織を
入手することが困難なケースが
少なくありません。

また局所樹状細胞ワクチン療法では、
がんがワクチン注射をできる箇所にあることが
条件となります。

そこで、患者さん自身の
がん組織が手に入らなくても
治療を行うことができ、

がんの種類を問わない、
人工抗原樹状細胞ワクチン療法が、

より多く患者さんに
適応可能な治療法として
浮かび上がります。

樹状細胞がより効果的に
敵を狙いうつよう
キラーT細胞に指令を出して
鍵を握るのが、

がんの目印情報である
がん抗原なのです。

樹状細胞ワクチン療法の臨床研究においては、
より多くの患者さんに
個々に対して効果を発揮する

人工のがん抗原の研究開発に
大きな力が注がれているのです。

また樹状細胞ワクチン療法単独での
臨床研究にとどまらず、

  • 手術療法
  • 放射療法
  • 化学療法

といった標準治療をはじめ、

他の治療法との併用による
効果を確かめる検証研究も
国内外で進められています。

研究が進み、
患者さんにとって
とてもよい療法になればいいですね。

スポンサーリンク