抗がん剤治療中の脱毛でもオシャレをしよう

スポンサーリンク

抗がん剤による脱毛

脱毛自体は、
抗がん剤の種類によって起こるものと、
起こらないものがあります。

脱毛は起こる可能性があっても
軽度のものもあります。

患者さんにとって、

脱毛や吐き気があるものは強い抗がん剤、
そうでないものは弱い抗がん剤

と考える人がいますが、
それは関係ないのです。

脱毛は、治療で抗がん剤を使用してから
2~3週間目から起こります。

通常、抗がん剤治療は
何回か繰り返すので、
治療を行っている間は
脱毛は続きます。

でも、
治療をすべて終了すれば、
髪は生えてきます。

自分でできること

脱毛が起こりやすい抗がん剤の場合、
治療や副作用の説明があったときから、
できることを
準備をしてみましょう。

脱毛が進んでからも、
髪や地肌をいたわるために
できることを実行してみましょう。

①脱毛が起こる前にできること

かなりの確率で
脱毛が起こる抗がん剤を使用する場合で、
かつらの購入を考えているようであれば、

事前に自分の頭の写真を
とっておくとよいでしょう。

こうしておくと、
実際にかつらを購入するとき
あるいは購入したかつらを整えるときに、

今までの自分の髪型に
近いものを選ぶことができます。

購入するときに
相談するときにも役立ちます。

脱毛が始まる前に、
髪を短く切っておいたほうがよいでしょう。

脱毛が始まると、
髪を洗ったときなどに髪が絡まり、
ほぐれなくなることがあるのです。

絡まないようにするためです。

また、ヘアカラーやパーマは
刺激になるのでやめましょう。

②脱毛のケア

脱毛中は頭皮も敏感になっているので、
低刺激のシャンプーを使用して、
こすらずに、
優しく洗い流すようにしましょう。

リンスやトリートメントは
基本的に髪に対して使用するものなので、

頭皮を中心に洗い、
流すときはお湯や低刺激のシャンプーだけで
いいと思います。

ドライヤーも刺激になるので、
できるだけ控えましょう。

まつ毛や、眉毛も脱毛

脱毛は、髪の毛だけでなく、

  • まつ毛
  • 眉毛
  • 鼻毛

などの体毛にも起ります。

これも、抗がん剤治療の
副作用によるものです。

対策

顔にとって、
眉毛はあるかないかで、
印象がとても変わります。

眉毛の対策は、
眉墨などで書いて、

まつ毛の対策としては、
つけまつ毛や、エクステンションを
つけるとよいでしょう。

しかし、エクステンションの場合、
まつ毛の量によって
できない場合もあります。

女性にとって
大きな悩みにもなってしまう、
眉毛、まつ毛です。

がん治療中でもオシャレを楽しみつつ、
女性としての自信を持った生活を
送る方法はありますので、
対策に挑戦してみて下さい。

クリック応援、よろしくお願いします!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク