抗がん剤の副作用を知ろう。吐き気、倦怠感の辛さは私達が考える事より想像以上の辛さでした。

よくドラマや映画で、
抗がん剤の副作用で
全身の毛が抜け落ちたり、

吐き気が起きると
患者が訴えて辛そうな様子を見ると
目も当てられなくなりますよね。

実際の副作用の辛さは
極端な話ですが、
かかってみないと分かりませんし、

私達が考える辛さよりも
想像以上の辛さです。

抗がん剤の副作用は何故起こるのか、
また副作用の症状等を理解して、

抗がん剤治療の
副作用に苦しむ方々へ
寄り添うきっかけになればと思います。

スポンサーリンク

1. がんに罹ったら、どういう場合に抗がん剤治療を行うのか?

抗がん剤治療は言わば
化学療法の分類になります。

がんに罹ったからと言って、
必ずしも抗がん剤治療を
行うわけではありません。

  • 手術
  • 放射線治療
  • 化学療法

等、患者に合った治療法で
がんを確実にやっつける治療を
行なっていきます。

がんが全身に広がっているならば
抗がん剤投与の化学療法を行う事が多く、

がんが体の一部に発生しているならば
放射線治療や手術をして
治す場合があるようです。

2. 知っておきたい抗がん剤の副作用が起こる仕組みと副作用の種類について

私達が考えるがん治療のイメージとしては、
抗がん剤を投与して治療して、

副作用で髪の毛が抜けたり、
吐き気が起きると言った
イメージが強いと思います。

では、実際に抗がん剤によって

  • 抜け毛
  • 倦怠感
  • 吐き気

等の副作用が起こる仕組みは
どうなっているのでしょうか。

抗がん剤を投与すると、
血液の流れで全身に抗がん剤が広がり、

体のあちこちにある
分裂の素早いがん細胞を
やっつけます。

抗がん剤が、
がん細胞単体だけをやっつけるだけなら
良いのですが、

誤って他の正常な細胞も
やっつけてしまったり

神経を刺激してしまったり

血液の成分を作る場所を障害する

場合があります。

そのような場合に
様々な抗がん剤による
辛い副作用が起きます。

以下に副作用が起きる仕組みと
種類をまとめました。

・ 吐き気、体の痺れ感
抗がん剤による神経へ
障害や刺激をして起こります。

・ 便秘
腸の動きを支配している
神経への障害や刺激を受けて、
腸の動きがいつもより悪くなる為に
起こります。

・ 下痢
抗がん剤により、
腸の粘膜細胞を
障害や刺激を受けて
起こります。

・ 貧血
血液の成分を作る骨髄が、
抗がん剤で障害される為に
赤血球が減少して起こります。

・ 出血
貧血時と同じ仕組みで、
血小板が減って
出血が起こります。

・ 感染症
貧血時と同じ仕組みで、
白血球が減って免疫機能が低下し、
様々な病気に
罹りやすくなります。

・ 抜け毛
毛の根元にある細胞(毛母細胞)に
抗がん剤が作用して、
抜け毛が起こります。

・ 口内炎
抗がん剤が口の中の粘膜細胞を
やっつけてしまい、
口の中に炎症が起こります。

ザッと挙げただけでも、
これだけ多くの
抗がん剤の副作用がある事に
ビックリですね。

がん患者がこのような
想像以上に辛い副作用に
耐えていると思うと、
心が痛みますね。

3. 抗がん剤の副作用への対策は

私達が考えるよりも
想像以上に辛い
抗がん剤の副作用ですが、
何か対策はあるのでしょうか。

対策方法は
副作用の症状により
異なってきます。

大体の症状には、
薬の投与で副作用の症状を
軽減します。

吐き気があるなら、
吐き気止め薬を処方する、

はたまた白血球が減って
感染症に罹りやすくなった場合には
白血球を増やす薬を投与する等、

薬によって
症状を軽減する場合が多いです。

抜け毛には、
見た目を気にする方が多い為に、
キャップやカツラを被る
という対策を行います。

日常生活においても、
副作用で貧血がある場合には
転倒防止の為にゆっくり起き上がる事や、

出血傾向がある方は
長めに止血を試みる
等があります。

4. 想像以上に辛い抗がん剤の副作用についてまとめてみました

抗がん剤の種類は、
様々な物がありますが

その種類によっては
副作用が起こりくい
抗がん剤があります。

よって、抗がん剤で上記に挙げたような副作用が
必ず起こるワケではありませんが、

副作用の種類を
頭の片隅にでも覚えておくと
抗がん剤の副作用で
辛い思いをしている方の気持ちを
考えられるのではないでしょうか。

クリック応援、よろしくお願いします!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク