抗がん剤で爪のトラブルが出た方へのセルフケア

抗がん剤によって
爪の影響がでてしまうことが
あります。

そこで、セルフケアの方法(対策)
ご紹介します。

スポンサーリンク

爪のトラブル

爪を作っている爪母(そうぼ)細胞は
髪の毛母(もうぼ)細胞と同じように
細胞分裂の活発な部分です。

そのために、
抗がん剤の影響を
受けることがあるのです。

  • 手や足の爪が黒ずむ
  • スジが出る
  • 歪む
  • 割れやすくなる

等のことがあります。

爪がボロボロになってしまうと
見た目もよくありませんよね。

これはとても辛いことです。

正しい爪のお手入れ方法を知って
優しくケアすることを
おすすめします。

爪が剥がれたり、
痛みがあるなどのトラブルが大きい時は
セルフケアの前に
必ず医師に相談しましょう。

自分で治すことは
とても困難です。

爪のセルフケア

抗がん剤治療中は、
爪を短めに整えて
清潔に保つことが大切です。

①爪全体を保湿する

爪も皮膚の一部なので、
乾燥に弱いです。

特に冬場は乾燥しやすいので、
肌と同じように
保湿すると良いでしょう。

爪の根本にキューティクルオイルをつけて、
爪の際から爪全体を
優しくマッサージしましょう。

その後、手全体にハンドクリームをなじませると
ベタつきがなくなります。

オイルを塗るのは、
手が清潔な状態が望ましいので、

お風呂上がりや、
手洗いをしてから行ってください。

1日に数回ほど、
オイルを塗るのが効果的です。

②爪切りより爪やすりがおすすめ

爪切りは、爪に少しの圧力を
かけてしまいます。

抗がん剤の副作用によって、
爪が弱くなっている状態で
爪切りを使用することは、

爪が割れたりする原因に
なってしまいます。

爪やすりをつかって
優しく削るとよいでしょう。

③マニキュアの活用

抗がん剤で弱った爪には、
ベースコートなどでしっかりと保護すると
外部からの衝撃を和らげます。

爪とは私たち皮膚の表面の角質が
硬く変化したものです。

爪自体は皮膚呼吸をしていなくて、
マニキュアをしても
息ができなくなることはありません。

爪の変色や凹凸、割れが気になるときは
ネイルカラーでカバーするのも
よいと思います。

ネイルカラーの前にはベースコートを塗り、
塗った後はトップコートで
色持ちをよくするとよいでしょう。

マニキュアを落とすリムーバーは
爪に負担がかからない
ノンアセトンというものがありますので、

それを使用するとよいでしょう。

除光液はコットンにたっぷり含ませて、
爪にのせ、押さえるように拭き取ります。

強くこすらないようにしましょう。

使用後は、すぐに手を洗って
オイルクリームを塗るなどの
保湿も忘れずにしてください。

④手ぶくろなどの活用

爪が弱っている、
もしくは元から爪が弱い方は、
手ぶくろを活用するのも
よいと思います。

それによって負担が減ります。

足の爪にトラブルが出た場合は
くつ下を履くようにしましょう。

衝撃から保護してくれます。

優しい商品選びと使用で、
しっかりセルフケアしてみてください。

クリック応援、よろしくお願いします!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク