自分自身で体の自律神経を整えよう~効果的な呼吸法~

スポンサーリンク

呼吸法で自律神経を整えよう

呼吸法は自律神経を整えるために
自分で行うことができる
効果的な方法です。

お金も時間もかからないのに、
その効果は非常に高いのです。

その呼吸法と自律神経の関係と
呼吸法のやり方などについて
ポイントを抑えておきましょう。

呼吸法と自律神経

ストレスが多くて
リラックスが少ない毎日を送っている人にとって、

呼吸法は心と体を
すばやくリラックスさせてくれる
すばらしい方法なのです。

ぜひ試してみてください。

呼吸ひとつで、
体中の細胞にみずみずしい酸素が行き渡り、
生まれかわったように
働きはじめます。

特に現代人は、忙しい毎日、

バタバタと仕事や家事をこなす毎日、

猫背になって長時間同じ姿勢で
パソコンに向かう毎日、

明日の仕事のことや
学校での子供のことが心配で
夜もぐっすり寝れない毎日です。

浅い呼吸をしている状態なのです。

浅いのは、それ自体がストレスに

浅い呼吸は
交感神経
緊張させてしまうのです。

自律神経失調症の人は
ストレスによって
交感神経が働きすぎてしまうのに、

浅い呼吸はさらに、
交感神経を緊張させてしまうのです。

呼吸が浅いのは、
酸素が肺の中まで届きません。

それどころか、
体の中に不要なものを
溜めてしまうのです。

呼吸は自分の意識で自律神経を整えられる唯一の方法

自律神経は文字通り
“じりつ”
しているもの、

私たちが
「意識してもできないこと」
を担当しています。

  • 血液を流す食べ物を消化する
  • 排泄の準備をする
  • ホルモンを分泌する

などですね。

「エイッ!」
と血液を広げることができないように、

私たちの意識では
どうこうできないのが
自律神経なのです。

しかし、自分の意識で
働きかけられる方法があるのです。

これは唯一の方法といっても
いいかもしれません。

それが、「呼吸」です。

息を吸うと交感神経が働き、息を吐くと副交感神経が働く

息を吸うと交感神経が働いて、
息を吐くと副交感神経が働くのです。

深呼吸するときなど
息を吸うことを中心になりがちですが、
大切なのは息を吐くこと

呼吸法でも
息を吐くこと
重点に行うとよいでしょう。

呼吸法のやり方

ゆったりした服装で行いましょう。

特にこの呼吸法は
「お腹が膨らんだり、へこんだり」
が1つのポイントです。

途中で気がちらないように、
そして途中で眠ってしまってもいいように、
トイレに行っておくとよいです。

①仰向けに寝転がる

ベットや布団の上に寝転がって、
仰向けになります。

このとき、両方のひざは
ピンと伸ばした状態ではなく、
自然に軽く曲げた状態にします。

「ひざ立て寝している状態」
ですね。

両足は腰の幅に開きます。

手は肩幅程度に広げて
ダランとしてください。

②体のちからを抜く

肩や腕、手などに
ギューッと強く力を入れます。

3、4秒くらい力を入れたら、
パッと力を抜きます。

これを何回か繰り返すことで、
体から力が抜けていきます。

手と足をバタバタしてから
スッと力を抜くのも
効果的な方法です。

自律神経失調症の人は
無意識のうちに全身に力が入っていて
いつも筋肉が固くなっています。

いつも固くて「これが普通」と感じているので、
本当に脱力している時の感覚を
自分でも覚えていません。

なので、最初のうちは
しっかりと脱力した状態になるのは難しく、

10%脱力できた、
15%脱力できた、
というくらいかもしれません。

でもこの
「力をギュー、パッと抜く」
を繰り返していけば、

今日より明日、
明日よりあさって
と力が抜けるようになっていきます。

③息を吐くことに重点を

副交感神経を働かせるために、
息を吐くことに重点をおきます。

3秒で吸ったら、6秒かけて吐く
といったように
ゆっくりと吐くようにします。

そして吸うのは鼻から
息を吐くのは口からです。

まずゆっくりと口から
息を吐いていきます。

吐きながら腹をへこませていきます。

口を大きくあけて
「ハァー」と吐くのではなく、

口をすぼめて
「フゥー」と吐いていきます。

お腹を膨らませなきゃ、
ゆっくり吐かなきゃ、
力を抜かなきゃ

とあれこれ考えないでください。

がんばると力が入ってしまうので、
がんばりすぎるのもよくないです。

呼吸法ができてくれば、
自然と力は抜けてきます。

自然とお腹も膨らんだり
へこんだりしてきます。

ゆっくりした気持ちで
呼吸法をはじめてみてください。

スポンサーリンク