今後期待される゛究極の個別化医療゛ネオアンチゲン

スポンサーリンク

ネオアンチゲンとは

従来の樹状細胞ワクチン療法は、
樹状細胞にがんを認識させて、
その樹状細胞を
がん患者さんに摂取することによって、

がん細胞の目印を狙って攻撃を行う
Tリンパ球を活性化
増殖させる
がん免疫療法なのです。

これをさらに進化させた新たな技術
「ネオアンチゲン樹状細胞ワクチン療法」
の研究がはじまったのです。

ネオアンチゲンは、

  • 新生抗原
  • 新規抗原
  • 腫瘍特異

独自の遺伝子変異に伴って
新たに生まれた
変異抗原のことです。

ネオアンチゲン
正常な細胞には発現していなくて、
がん細胞だけに見られるものです。

このネオアンチゲン
ひとりひとりのがんで違っています。

よって個々で違うものになります。

ネオアンチゲンが多いがんは
免疫反応を引き起こすポテンシャルが高く、

免疫チェックポイント阻害剤などの
がん免疫療法と好相性であることが、
これまでの研究でわかっているのです。

ネオアンチゲン樹状細胞ワクチン療法は、
従来の腫瘍関連抗原の代わりに
ネオアンチゲンを樹状細胞に
がんの目印として覚えこませ、

がんに対する
免疫反応を引き出します。

メリット…ネオアンチゲン樹状細胞ワクチン療法

ネオアンチゲン樹状細胞ワクチン療法には
従来法と比較して、
次のようなメリットがあります。

①がん細胞だけが攻撃対象となる

これまでの
樹状細胞ワクチン療法で使われてきた
腫瘍関連抗原は、

がん細胞に多く発現しているものの、
正常細胞にも少しだけ
発現している抗原です。

対して、ネオアンチゲン
がん細胞にしか見られませんでした。

よって、ネオアンチゲン
樹状細胞に認識させたときには

ネオアンチゲンを発現する
がん細胞に対する
免疫だけが引き起こされます。

したがって、免疫機構が
正常細胞を攻撃する可能性が
自己抗原を使用したときよりも低くなって、

安全性が高まると
予想されます。

②とても多くがんに対応できる

ネオアンチゲン樹状細胞ワクチン療法は、
個々の患者さんのがん細胞で生じた
遺伝子変異情報と

患者さん自身の情報から、
樹状細胞ワクチン療法に利用できる
ネオアンチゲンを特定します。

特定の腫瘍関連抗原を使う従来の方法では、
その抗原を発現していない
がんの患者さんに
対することができませんでした。

テラの樹状細胞ワクチン療法で
使用されている腫瘍関連抗原は、
ほとんどのがんで高頻度に発現していますが、

それでもがんの100%は
カバーしていませんでした。

ネオアンチゲン樹状細胞ワクチン療法では
個々の患者さんのがん細胞の
遺伝子異常をターゲットとするので、

従来法をさらに上回る
広範囲の患者さんをカバーできます。

進化するがん個別化医療次世代シークエンサー

進化するがん個別化医療次世代シークエンサー
の登場により技術が進歩して、

がん細胞の遺伝子や
がんを取り巻く免疫システム
についても解明が進みました。

ネオアンチゲン樹状細胞ワクチン療法は、
こうしたものです。

ネオアンチゲン樹状細胞ワクチン療法は、
個々の患者さんの
がん細胞の遺伝子異常を利用して

患者さんごとに
オーダーメイドで提供されるのです。

「究極の個別化医療」
になると期待されています。

その期待を待ちましょう。

スポンサーリンク