エルマ・ゲイツ博士の実験【怒ると体内毒素を生成論】の内容は都市伝説?笑う事の大切さが身に染みるかもしれませんよ。

面白い出来事に遭遇した時、
あなたは笑っていますか?

例えばお笑い番組を見て、
楽しく生き生きと笑うと、
とてもスッキリしますよね。

喜んで笑うと嫌な事も忘れて、
ストレス解消のきっかけになりますし、
笑う事の大切さが分かりますね。

都市伝説で語り伝えられている
嘘のような本当のような話の
実験内容があります。

この都市伝説では私達の

  • 怒り
  • 悲しみ
  • 喜び

等の感情について、
詳しく実験した博士がいたと語られます。

彼はアメリカの大学教授で
エルマ・ゲイツ博士と言い、
【怒ると体内毒素を生成論】
を唱えた人物です。

今回は彼の実験内容について掘り起こして、
笑う事の大切さについて
調べてみました。

スポンサーリンク

1. 都市伝説で語り継がれるエルマ・ゲイツ博士の実験【怒ると体内毒素を生成論】 の内容とは?

人間にとって、
怒りや悲しみは負の感情です。

逆に思いっきり喜んで笑う事は、
ストレス解消にとても効果的です。

普段生活するなら、
笑って幸せに過ごしていきたいですよね。

エルマ・ゲイツ博士の実験
【怒ると体内毒素を生成論】とは、

「怒ると体内毒素を生産する」

と実験内容で証明しました。

エルマ・ゲイツ博士は、
喜怒哀楽の感情により

人の吐息から抽出した
沈殿物の色が変化する事を
突き止めました。

これはどういう事かというと、
吐息をガラス管を通して
液体冷却をすると
沈殿物が出来ます。

この沈殿物に
エルマ・ゲイツ博士は、
注目しました。

怒りの感情では沈殿物が栗茶色に、
悲しみの感情では灰色に、
後悔の念があるとピンク色

変化するそうです。

動物実験にて、
怒りの感情時の沈殿物を注射すると
動物は死んでしまった為、

試しにこの沈殿物を
成分分析してみると、
明らかに強い毒性を持っていました。

この事から、怒りによって
体にとって有害な毒である
“体内毒素”
産生していた事が分かりました。

笑う事の大切さを
博士は伝えようとしたのでしょうか。

2. 『笑うとガンが治る』とはあながち間違っていない?

さて、エルマ・ゲイツ博士の実験
【怒ると体内毒素を生成論】
の内容は都市伝説という意外なオチでしたが、

笑うと体に良い事尽くめなのは
本当なのでしょうか。

まず、注目したいのは
『笑うとガンが治る』
という事です。

何やら嘘臭い事柄ですが、
笑うとガン細胞をやっつける
「ナチュラルキラー細胞」
という免疫に関わる細胞が活発化し、

ガン細胞を積極的にやっつける
という説がありますので、
笑う事の大切さは
免疫系に良いと考えられますね。

逆に怒ったり悲しんだりすると、
ナチュラルキラ細胞が不活化して、
ガン細胞をやっつける力が
弱まるそうです。

ナチュラルキラー細胞のおかげで、
ガンに罹りにくい体になり、
ガンが治るという
夢のような話があるという事ですね。

免疫力をアップさせる為にも、
笑う事の大切さを
心に留めておきましょう。

3. 私達の体にとってメリットが沢山ある笑う事の大切さとは?

笑う事の大切さは、
ガン抵抗する免疫力を高めるだけではなく
健康目的ストレス解消にも
効果的です。

また、脳の記憶を司る
海馬が活性化する為に
記憶力の向上も期待出来ます。

笑うと幸せな気分になるのは、
「エンドルフィン」というホルモンが
脳で分泌される為で、

このホルモンの効果には
他にも体の痛みにも耐えられるような
鎮静効果もあります。

嬉しい効果が沢山あるので、
日頃から楽しく笑うように
心がけたいですね。

4. エルマ・ゲイツ博士の実験【怒ると体内毒素を生成論】を振り返るまとめ

都市伝説でも間違っていなかった
エルマ・ゲイツ博士の実験
【怒ると体内毒素を生成論】
でしたが、

笑う事の大切さが
身に染みたかと思います。

ストレス社会の世の中ではありますが、
イライラして怒ってばかりいないで
穏やかに笑って日々を
過ごしていきたいですね。

クリック応援、よろしくお願いします!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク