卵巣がん治療にもよい温熱療法

スポンサーリンク

温熱療法

温熱療法という療法は、
兵庫県の病院で受けられます。

がん細胞が正常細胞と比べて
熱に弱いという性質を利用とした
がんの治療法です。

1つに、ラジオ波誘導型加温を用いて加温し、
42.5℃を境に細胞致死効果が高まります。

そして、温熱療法によって
免疫機構が強化されることも
明らかになっています。

温熱療法は、抗がん剤や放射線療法のような
副作用はありませんが、
一過性の熱感、痛みなどがあります。

治療方法の例

治療ベットに寝ていただき、
上下の電極で患部をはさみます。

その人の体型や
その日の体調に応じた高周波をあて、
約40分間加温します。

一般的な温熱療法に、進行肝細胞がん、
多発肝転移に対して、DSMという
一次的塞栓物質を用いた
温熱化学、塞栓療法というのがあります。

血管内の治療技術によって
肝動脈内にカテーテルを留置し、
週に1回、抗がん剤とDSMを肝動脈に注入し、
直後に温熱療法を行います。

そしてDSMは約1時間、
血流を遮断するため
抗がん剤は高濃度のまま肝内に留まり、
さらにがん組織の温度が上昇しやすくなり、
化学塞栓と温熱の
相乗効果が期待されます。

具体的な効果

温熱治療による細胞致死効果、
免疫力の活性化により、
様々ながん細胞の増殖が抑制されます。

また温熱を併用することによって、

  • 化学療法
  • 放射線治療
  • 免疫療法

の治療効果を高めます。

それにより、抗がん剤の使用を減らして
副作用の少ない治療を
行うことが可能になります。

食欲や良眠など
生活の質も向上します。

卵巣がんに対しての温熱療法と食事療法の併用

根本的ながんの治療には
生活習慣の改善がなにより重要です。

生活習慣の改善は、
どんな患者さんでも
どの段階からでも始められる
治療法の1つです。

「身体をあたためる」ことに加え、
「食生活を見直す」ことも、
がんに負けない身体づくりの一環です。

がんの成長には
多くの糖分を必要とするため
第一に糖分を控えることが重要です。

また、がんはその周囲を酸性に保つことで
自身を防御しますが、
糖分を使ったエネルギー合成により
がん細胞の中で産生される酸を、
細胞外のナトリウムと入れかえることで排出するため、
塩分を控えることも重要です。

糖分や塩分を控えた献立の工夫や、
酸性に傾いた身体をアルカリ性に保つ工夫を
医師の指導と定期的なチェックで
完成していただくことができます。

食生活の改善は、
がんが育ちにくい身体を作るとともに、
動脈硬化の予防や改善にも
プラスの作用をもたらし、
温熱療法時の血流アップを助けるため、
結果的に温熱療法の作用を高める効果も
期待されます。

スポンサーリンク