温熱療法の副作用は

スポンサーリンク

ハイパーサーミアとは

現在のがん治療として
健康保険でみとめられているものには、

  • 外科治療
  • 化学療法
  • 放射線治療
  • ハイパーサーミア(温熱療法)

があります。

ハイパーサーミア(温熱療法)は、
がん細胞が正常細胞に比べて
熱に弱い性質を利用し、
身体をあたためることで、
がん細胞だけを選択的に弱めてしまおうと
考案された治療法です。

今のところハイパーサーミア(温熱療法)だけで、
がんが根治できるのは稀と考えられており、
放射線治療や化学療法との併用によって
放射線や抗がん剤の効果を高めたり
身体をあたためることで、
免疫力が高まる効果が
期待されています。

ハイパーサーミアの効果

がん細胞は一般的に
酸素が苦手です。

身体をあたためることで、
がん組織への血流が増え、
がん細胞により多くの
酸素を届ける効果があります。

また、身体をあたためることで、
がん細胞の嫌がる物質が発生し、
それもがん細胞へ
届ける効果があります。

ハイパーサーミア(温熱療法)は
まだ単独でがん治療に
使われることはありません。

  • 外科療法
  • 放射線療法
  • 化学療法

などを補助する
集学的治療の一環として
効果をあげており、
主に進行がんや再発がんを防ぐために
用いられています。

比較的あたためやすい部位にある

  • 乳がん
  • 皮膚がん
  • 胸部のがん(食道がん、胸壁に浸潤した肺がん)
  • 下腹部のがん
  • 膀胱がん
  • 軽部腫瘍

などによく使われています。

おもに、体表面に近い乳がんや皮膚がんでは、
放射線療法と併用されることが多く、
放射線だけで治療した場合より
2倍の縮小効果があると
言われています。

深部のがんでも肝がんや肺がんでも
有効という成果が出ています。

化学療法との併用効果

がん組織は一般的に
血流不足の状態です。

身体をあたためることで、
がん組織への血流が増え、
がん組織へのより多くの薬剤が取り込まれ、
抗腫瘍効果の増強が
期待されています。

免疫療法との併用効果

がん周囲の環境は、
がん細胞によって
自ら増殖しやすいように
変えられています。

身体をあたためることで、
免疫細胞が活性化され、
がん細胞を排除しやすい環境に整え、
がんに対する抵抗力の増強が
期待されています。

ハイパーサーミアの副作用

ハイパーサーミア(温熱療法)は、
正常組織にダメージを与えることなく、
がんの病巣にある領域を
治療することができるので、
副作用や後遺症がありません。

副作用がなく行えるので、
治療を考えてる方の精神的不安も緩和され、
安心した治療が行えます。

クリック応援、よろしくお願いします!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク