がん予防の食材にはペルオキシダーゼが含まれている

生物などが存在する上で、
呼吸光合成を代表とする
一連の酸化還元反応は必須です。

ペルオキシダーゼは過酸化水素を用いて
物質の酸化反応を解媒する酵素であり、

生体内酸化還化反応の過程で生じる
過酸化水素を除去する
という生理的役割りを担っています。

そして、このペルオキシダーゼ
卵巣がんや肺がん、その他のがんにおいて
食材でがんをよくする効果があります。

その食材を紹介します。

スポンサーリンク

様々ながんを予防するために食べたい野菜

様々ながんを予防するには、
免疫力を高めることが重要になります。

免疫力はがん細胞がダウンすると
がん細胞を抑えきれなくなって、
増殖してしまうのです。

免疫力を高めたり、
活性酵素を無害化するためには、

抗酸化作用が強く
がん予防に欠かせない栄養素です。

これらは、ビタミンACE(エース)と呼ばれ、
野菜や果物に多く含まれています。

・キャベツ

にんにくに次ぐがん予防効果がある
と言われているキャベツには、

イソチオシアネート(強いがん抑制効果)
ペルオキシダーゼ(発がん物質を抑制)という酵素や

ビタミンCビタミンU
豊富に含まれています。

このビタミンUは
胃潰瘍を予防することで有名です。

キャベツは生野菜もよいですが、
温野菜にして食べてもおいしいです。

・ブロッコリー

ブロッコリーに含まれているスルフォラファン
イオウ化合物の一種で
強力な抗がん作用があるのです。

最近では、ブロッコリースプラウトという商品が
スーパーなどに並んでいます。

これはブロッコリーの20倍
スルフォラファンが含まれているのです。

しかも、サラダや炒めものにも使えて、
茹でずにそのまま食べられるので、
とても手軽に食することができます。

このブロッコリースプラウトには

  • カロテン
  • ビタミンB群
  • ビタミンC、E、
  • 葉酸

なども含まれています。

・カリフラワー

カリフラワーは100g中に8㎎
ビタミンCが含まれています。

カリフラワーに含まれるビタミンCは
加熱によって失われる量が少ないので
ビタミンCの補給にはピッタリの野菜なのです。

また、グルコシノレートという成分が
肝臓の働きを高め、
解毒作用を酸化します。

カリフラワーの調理方法は難しいですが、
細かく切ってハンバーグに入れるなどして
食感を楽しむのもおすすめです。

・大根

大根の辛み成分の
イソチオシアネートというイオウ化合物は
強力な抗酸化物質で、

解毒作用を強めてがんを予防したり、
血栓をつくりにくくします。

大根には
ジアスターゼオキシダーゼなどの
消化酸素が含まれており、

ジアスターゼは食べ過ぎによる胸やけや
消化不良を予防、改善する働きがあり、

オキシダーゼは魚の焦げた部分にできる
発がん物質を解毒する働きがあるので

焼き魚を食べるときは
一緒に大根おろしを食べるとよいでしょう。

・にんじん(葉つきにんじん)

にんじんはカロテン
豊富に含まれています。

カロテンは体内でビタミンAに変化して、
免疫力を高めます。

強い抗酸化作用で

  • 肺がん
  • 胃がん
  • 卵巣がん

を予防する効果が高いです。

葉っぱ部分には

  • カロテン
  • ビタミン
  • カリウム

などの栄養素が豊富なので、
できれば無農薬の
葉つきのにんじんをおすすめします。

・優秀な野菜ニンニク

にんにくは、優秀な野菜です。

にんにくの独特のにおいのもとは
硫化アリル

病気や老化を招く
活性酸素の害を抑制する
強力な抗酸化作用があるのです。

にんにくに含まれるミネラル
がん要因の1つの過酸化脂質を
分解する酵素となるのです。

食材には体によい
いろいろな成分が含まれています。

偏った食材ではなく、
まんべんなく摂取できるとよいですね。

クリック応援、よろしくお願いします!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク