腰痛に隠れているいる病気もある~受診のタイミング

スポンサーリンク

腰痛で卵巣が心配

身に覚えのない腰痛に
違和感を覚えた場合、
卵巣に病気を
抱えてしまっているかもしれません。

腰痛の症状を持つ病気は
数多く存在しますが、

卵巣に関する病気も
腰痛の症状を持っている場合も
あります。

腰痛の症状がある
卵巣の疾患を知って、
早期発見を目指して下さい。

腰痛症状がある卵巣の疾患

①ひどい腫れが起きる卵巣嚢腫
卵巣嚢腫とは、
卵巣にできる腫瘍の中で
悪性ではないものを指します。

卵巣嚢腫には
自覚症状があまりなくて、

腫瘍がこぶしくらいの大きさになってから
やっと症状が出ることも
少なくありません。

  • 月経の激しい痛み
  • 腰痛
  • 腹痛
  • 性器出血
  • 便秘

などの主な症状です。

②経血量にも異常が出る卵巣炎
卵巣炎とは、
卵巣が何らかの炎症を起こした
状態のことを指します。

基本的に細菌やウィルスによって
引き起こされるとされていますが、
卵巣だけが炎症を起こす状態というのは
かなり稀です。

  • 性感染症によって腟から子宮、
    卵巣へと炎症が広がるケース
  • 避妊器具、生理用品の長時間使用によって
    雑菌が増殖して
    卵巣に炎症を引き起こすケース

が多いです。

症状としては、

  • 激しい下腹部痛み
  • 高熱
  • 嘔吐
  • 腰痛
  • 生理不順
  • 不正出血

などです。

重症の場合は
早急な手術が必要です。

③初期では症状の少ない卵巣がん
卵巣がんとは、
卵巣に出来たがんのことを
指します。

卵巣がんが出来ても、
初期症状はほとんどなく、

  • 腹部の圧迫感
  • 頻尿
  • 腰痛

などの症状が出る頃には、
進行が進んでしまっている可能性が
高いです。

主な原因は、

  • 初潮が早い
  • 生理不順
  • 妊娠や出産経験がない
  • 肥満
  • 喫煙

などです。

  • 直腸診
  • 超音波検査
  • CT
  • MRI

で腫瘍の位置や
進行具合を調べます。

早期に発見された場合は、
卵巣の切除手術と手術後の抗がん剤治療で
かなりの回復が期待されますが、

転移がされた場合は
放射線治療や抗がん剤治療が
中心です。

女性特有の疾患でも腰痛は発生

  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • 子宮頸管炎
  • 子宮下垂

などでも
激しい腰痛が発生する場合も
あります。

痛みの場合で病気を絞りこむ

①腰の左側に痛みがある場合
腰の左側が痛む場合は、

  • ヘルニアなどの病気
  • 内蔵疾患である
    胃潰瘍
    十二指腸潰瘍
    膵炎

の可能性があります。

  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • 卵巣嚢腫
  • 卵巣がん

の病気も左側が痛むケースが
多いです。

②腰の右側に痛みがある場合
内蔵の原因である可能性が
高いです。

  • 盲腸
  • 腎臓の病気
  • 肝臓の病気

がかくれていることもあります。

③下腹部にも痛みを感じる
腰痛と下腹部痛が起こる場合

  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 尿路結石

などが多いです。

受信のタイミング

定期的に検査を行っていると
早期発見にもなります。

しかし、すべての人が
定期的には検査していないと
思います。

まず、いつもと違った痛みや、
違和感を感じたら、
すぐ受診してください。

病気が隠れている場合もあるので
腰痛だからといって
安心は禁物です。

対策として、

  • ホルモンバランスを整えるストレッチをする
  • 冷え性の改善をする
  • 内蔵の負担を減らす

良い食生活をして
病気にならない体づくりを
心がけましょう。

スポンサーリンク