腸内の調子を整えてくれる甘酒!

スポンサーリンク

甘酒は「のむ点滴」

昔から祝い事の席などで
振る舞われることも多い甘酒

甘酒は健康効果が注目されています。

がん予防にも効果的で、
子宮がん、卵巣がんなど、
様々ながん予防に用いられることもあります。

そして、
「飲んだことあるけど、甘すぎて」という人も、
甘酒の種類や作り方、栄養価を知っていれば、
もう一度飲んでみたくなるかもしれません。

流行の「甘酒」どうやって選ぶ?

実は、2タイプある「甘酒」

米麹を使い発酵させた甘酒と、

酒粕を使い、そこに砂糖を加えて甘みを出した甘酒

です。

どちらも発酵食品には変わりありませんが、
原材料が違うため、
栄養素にもそれぞれ特徴があります。

この2つの甘酒に共通する代表的な栄養素

ビタミンB5群

肌の乾燥を防いでターンオーバーを早める。

爪や髪などを
健康に保つ効果があります。

食物繊維

腸内の有用菌のエサとなり、
腸内環境を整え
美肌効果を発揮します。

甘酒が口に合わないと感じたら

甘酒は飲みたいけど好みじゃない、
そんな時は、牛乳や豆乳で割って
飲んでみるとよいでしょう。

甘みが和らぎコクがプラスされて、
飲みやすくなります。

また甘酒は温かい飲み物という印象がありますが、
スムージーにしてトッピングしても
美味しく飲めます。

さらに、お料理に甘酒を使うのもよいでしょう。

この場合、米麹の甘酒を使えば
砂糖を使用しないで
甘さを足すことができます。

パウンドケーキやクッキーに使用すれば、
「砂糖不使用」のお菓子ができますね。

また、和え物やドレッシングに使用するのも
相性がいいです。

甘酒の健康効果

甘酒の健康効果として期待できるのは、
次のようなことがあります。

①腸内環境を整える

甘酒には、植物性乳酸菌がふくまれるので、
腸で善玉菌を増やしてくれるのに
役立ちます。

②疲労回復

疲労回復に効果的なビタミンB群

多くのアミノ酸を含んでいて
体力増強にも効果があります。

③美的効果

日本酒は美肌にいいと言われています。

これは、日本酒も甘酒と同じく、
麹が含まれているからです。

甘酒にも、
同じく抗酸化作用メラニン抑制効果があり、
シミやそばかすの予防に
効果的があると言われています。

④ストレス軽減

アミノ酸の1種であるGABAが含まれていて、
神経をしずめる効果があります。

⑤肥満防止

麹が作る酵素の1種には、
体重増加を抑制する効果がある
と言われているのです。

甘酒の健康効果は色々あります。

なので、甘酒に頼りきりにならず、
生活の中でうまく利用していくことが
大事ですね。

例えば、コーヒーを飲むことの多い人なら、
そのうちの一杯を甘酒に代えてみたり、
食欲の落ちている風邪気味の時や
夏バテの時に飲むなど工夫して、

健康を維持できるように
食生活にプラスしてみてくださいね。

クリック応援、よろしくお願いします!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク