卵巣がんが欧米に多いといわれるのは何故なのか

がんの大きな原因は
「生活習慣」
といわれています。

その中でも
喫煙、飲酒と並んで重要なのが
食生活です。

特にがんのリスクを上げる食べ物として
よく指摘されているのが、
肉類乳製品などの
欧米型の食事につかわれている
食材です。

欧米的な料理方法も、
油をたっぷり使ってお肉を焼いたり、
揚げ物も多く、
乳製品を好みます。

そういった食生活を続けていると
太るばかりだけでなく、
体に様々な
不調や病気を与えます。

日本人は比較的、
和食という食生活もあり、
和食を好んで食べます。

しかし、
ファーストフードや、
脂っこい食べ物や、
コンビニ食ばかり食べている食生活では
同じように体に負担をかけます。

そして、がんには特定の食べ物との関わりが
深い原因ともいわれています。

スポンサーリンク

食生活でがんになる確率が高くなる

アメリカやヨーロッパは
肉を多く食べる国です。

肉を好んでよく食べて、
肥満になる人も多いです。

こうした国々は
がんになる確率が
高い傾向にもあります。

宗教的な意味合いから、
牛肉の消費量が少ない
インドやタイは
がん率は低いと言われています。

肥満の人も少ないです。
肉を食べすぎると
「ニトロソアミン」
という発がん性物質が
生成されやすいことがあります。

ニトロソアミンは、たんぱく質と発色剤によく使われる
亜硝酸が反応してつくられるため、
ハムやベーコンなどの加工肉は
特に発がん性リスクが
高いと考えられます。

普段の食生活でも
ハムやベーコンの食べ過ぎには
注意が必要です。

乳製品もアメリカやヨーロッパなど
乳製品の摂取量が多い国は
がん率が高いですが、
牛乳をあまり飲まない
中国の農村部に住む人は
がん率が低いです。

塩分も多くとると
がんに繋がります。

まとめ

欧米の人が卵巣がんや、
その他のがんにかかる確率が高いのは、
1つには食生活が
とても関係しています。

野菜よりお肉や乳製品を好むことから、
お肉、乳製品を使った料理も多いです。

薄味より濃い味も好みます。

それに比べて日本は
日本食という文化があり、
味付けや、食材もヘルシーなものが多く、
体に優しいです。

しかし、近年日本人も
がんを発症する確率が
急増しています。

その背景には、
手軽に入るコンビニ食や、
ファーストフード店が増え、
自炊をする人も減っています。

食生活は人間にとって
とても大切なことなのです。

卵巣がんの発症が多いと言われている欧米は、
このような原因があるのです。

卵巣がんや、その他のがん、
病気の予防をするためには、
食生活から見直すことが
大事なのです。

クリック応援、よろしくお願いします!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク