卵巣がんで闘病していた芸能人知ってた?

卵巣がんは、
女性なら誰でもかかる可能性があります。

今この文章を読んでいる人には、
卵巣がんについて調べている人が
多いのではないでしょうか。

卵巣がんと闘病した女性芸能人は、
公表された中でも何名か居られます。

卵巣がんについて、
少しでも興味が湧き、
知るきっかけになれば幸いです。

スポンサーリンク

1. シンガーソングライターの宇多田ヒカルさん

日本で知らない人はいない、
歌姫の宇多田ヒカルさんです。

宇多田ヒカルさんは、
2002年に卵巣がんを患い、
左側卵巣の直径5センチほどの
卵巣がんを取り除く手術を行っていました。

この時、なんと、19歳の若さでした。

卵巣がんは、幸いにも良性腫瘍の“卵巣嚢腫”
悪性のものではありませんでした。

片側の卵巣を全摘した宇多田さんですが、
手術してから何十年後に
元気な男の子を出産されました。

卵巣摘出手術の時、
宇多田さんは今後出産が出来るかの心配を
医師に確認したそうですが、
卵巣が片方だけでも
出産は可能だと言われています。

2.ファッションモデルの中田クルミさん

「smart」、「GINZA」等の雑誌で活躍している
モデルの中田クルミさんです。
ドラマ「テラスハウス」にも
女優として出演しました。

中田さんは、公式ブログの2016年5月26日付けのブログ記事
「女の子はみんな読んでね。お願いです。」
にて、卵巣がんの中で、
良性腫瘍の“卵巣嚢腫”
だったことを報告していました。

この記事は50万人もの人々に大きな反響を与え、
コメント数もたくさん寄せられていました。

中田さんは、記事で下腹部の膨らみを公表していますが、
最初はこの下腹部の膨らみが
卵巣嚢腫だということに全く気づきませんでした。

それもそのはず、
卵巣は沈黙の臓器とも呼ばれていて、
自覚症状が出にくく、
腫瘍が20センチほどになっても
気づきにくいケースがあるそうです。

2016年7月に無事に手術を終え、
現在は元気に女性ファッションモデルとして活躍されています。

3. 声優の川上とも子さん

川上とも子さんは、

  • 「少女革命ウテナ」の天上ウテナ役
  • 「ヒカルの碁」の進藤ヒカル役
  • 「ケロロ軍曹」の日向冬樹役

など多くのアニメで仕事をされていました。

当時は病名は明らかにされていませんが、
2008年8月に、体調不良を訴え、
入院し手術を受けたそうです。

手術は無事に終えたものの、
進行がんで闘病生活を余儀なくされました。

闘病生活の間には、
声優活動を辞めることなく、
様々な作品で出演されていました。

2011年6月に、
川上とも子さんは逝去されました。

後に、メディアでは
“卵巣がん”
と病名が報道されました。

同じ声優仲間の方々からは、
川上さんを追悼する声が
いくつも溢れていました。

4.卵巣がんで闘病されていた芸能人まとめ

身近な女性で、
卵巣がんにかかる方は少なくありません。
女性であれば、誰でもなる可能性があります。

こちらの記事でご紹介した女性芸能人の方々も
卵巣がんに悩まされ、
卵巣がんと闘いました。

モデルの中田クルミさんは
年に一回の婦人科検診を強く勧めていました。

この記事で卵巣がんが女性の身近な病気であることに
関心を持っていただければ、嬉しいです。

クリック応援、よろしくお願いします!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク