最近では、放射線治療で胸膜照射はあまり行われない?治療の副作用が怖い卵巣がん治療法の最新調査!

卵巣がんが
卵巣から遠い部位に転移する事を
遠隔転移
と言います。

遠隔転移する部位は、主に

  • 肝臓
  • 腹膜
  • 胸膜

等があります。

遠隔転移するのは、
血液やリンパ液にがん細胞が乗り、
遠くまで運ばれた先で
増殖してしまう為です。

卵巣がんで
遠隔転移してしまった際の治療法は
部位によって
異なります。

卵巣がん治療法には、

  • 手術
  • 抗がん剤投与
  • 放射線治療

があります。

今回は卵巣がん治療で行われる
治療法の一つ、
放射線治療について
詳しく調べてきました。

スポンサーリンク

1. 知らなかった放射線治療の種類について詳しく学ぼう

放射線治療の種類は
大きく分けて二つあります。

体の中を通して放射線を当てる
「内部照射」

体の外から放射線を当てる
「外部照射」があります。

更に外部照射では、

  • 分割照射治療
  • 術中照射治療
  • 定位放射線治療

と細かく分類されています。

内部照射に比べて、外部照射では
患者さんの負担が少ないので、
よく放射線治療で行われている方法です。

いかにがん組織に、
放射線を効率よく当てられるか

  • 症状
  • 部位
  • がん細胞の大きさ

によっても
放射線治療の種類は
異なってきます。

2. 卵巣がん治療で放射線治療はあまり行われない?

卵巣がんの主な治療法には、
手術や抗がん剤投与が
あります。

放射線治療は昔に比べると、
今ではあまり
行われなくなりました。

その理由を下記に述べてみました。

・ 卵巣がんは遠隔転移で
全身に広がりやすい為、
治療法が限定される放射線治療は
行いにくい為。

・ 卵巣が膣から遠い所にあり、
膣からの放射線を当てにくい為。

・ 卵巣がんに放射線治療が
あまり効かない為。

全身に遠隔転移するような卵巣がんでは、
抗がん剤による
治療コントロールを行います。

現在では、放射線治療は
がん細胞がその部位だけ
つまり限局した所にしか無い場合、

遠隔転移が多い場合に
痛みを緩和する為に行います。

卵巣が体の奥にあるので、
膣を通して放射線を当てると
他の正常な臓器にも
放射線が当たると考えられている為、

副作用が起こるリスクが
高くなります。

3. 卵巣がんで稀にある遠隔転移で胸膜や腹膜転移の治療法と、その副作用とは?

卵巣がんで遠隔転移で、
胸膜や腹腔にがん細胞が転移すると

胸膜転移では、

  • 息苦しさ
  • 咳き込み
  • 胸に水が溜まる「胸水」

が発生し、

また腹腔転移では

  • お腹に水が溜まる「腹水」

が発生します。

両者とも、
手術で水を抜く作業が
必要になって来ます。

また、肺や胸膜に遠隔転移した場合に
胸膜照射を行う場合がありますが、
これは痛みに対する
緩和の為行われると考えられます。

4. 卵巣がんで行う放射線治療の数々とその副作用についてまとめ

卵巣がんでは、放射線治療は
ほぼ行われていないと言っても
過言ではないでしょう。

放射線治療でも
副作用は起こる可能性は
十分にありますので、

一番自分に合った治療法で
治療を地道に行なっていくのが
良いですね。

スポンサーリンク