卵巣がんになりやすい年齢層が意外と若かった

卵巣がんは幅広い世代で発症し、
発症部位によって
年齢に違いがあります。

・表層上皮性間質性腫瘍
・精索間質性腫瘍
・胚細胞腫瘍

さらにそれぞれが
良性、悪性、良性と悪性の中間である境界悪性に分けられ、
一般的に卵巣がんと呼ばれるのは、
上皮性腫瘍の悪性と
境界悪性を指します。

発生頻度は上皮性質性腫瘍が最も多く、
次に胚細胞腫瘍
その次が精索間質性腫瘍の順になります。

また症状から良性であることが比較的多い
袋状の膿疱性腫瘍と
袋を作らずこぶのようになる
充実性腫瘍に分けられます。

充実性腫瘍の8割は悪性でそのうち7~8割は卵巣がんです。

スポンサーリンク

若い人に発症する

卵巣がんに比較的多い
上皮性の卵巣がんの場合、
早くて30歳前半、
40歳代から50歳代の更年期に多く見られて

非上皮性の卵巣がんは10歳代からと
若年者に多く見られるのが特徴で、
若年者になるほど
悪性度は高まります。

若いから大丈夫ではありません。

逆に若い人ほど
リスクが高まるがんなのです。

しかし、
若いからかかるものでもありませんが、
予防を兼ねて
よりよい生活習慣を
過ごしてほしいものですね。

近年、食生活においても、
ファーストフード店が増え、
気軽に食べられるようになりました。

しかし、せっかく食べていても
栄養不足になる食生活ではいけません。

仕事においても、
忙しくストレスのたまる環境が
増えているといいます。

そうした、現代社会生活にながされないように、
自分自身気を付けていただきたいです。

卵巣がんの高まるリスク

卵巣がんの発生には、
遺伝的要素の他に

  • 卵巣機能不全
  • 月経異常
  • 排卵回数
  • 月経、妊娠、出産に関する異常経験

のある人は
卵巣がんのリスクが高まると言われています。

そのことから、
未婚者は既婚者より
卵巣がんにかかるリスクが
高くなると言われています。

また、卵巣を原発とする
卵巣がんの発生はまれですが、
胃がんや乳がんなどにより手術を受けたことのある人も
卵巣がんのリスクが高くなります。

未婚女性は既婚女性に比べて、
婦人科へ行く回数が少ないです。

そういったことから
早期発見が遅くなることもあるそうです。

まとめ

がんは加齢とともに
発症率が上がる病気だというのが
一般的な考え方です。

がんは50歳以降になると増えはじめ
65~75歳が増加ピークとされています。

女性に多いがんの順位は、

  1. 大腸がん
  2. 肺がん
  3. 胃がん
  4. すい臓がん
  5. 乳がん

の順です。

卵巣がんは順位に入っておらず、
それほど発症リスクが大きいがんではないのですが、
安心はできません。

がんの中でも
若い女性が発症するとされているのは
実は卵巣がんなのです。

卵巣がんは
上位に入るほどのがんではありませんが、
年間に日本女性の8000人が発症するがんです。
比較的若い女性でも
進行が早いと言われています。

卵巣の病気は不妊にも繋がるので、
定期検診を受けましょうね。

クリック応援、よろしくお願いします!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク