卵巣がんを予防する食材はどんなもの?

私たちのまわりには
たくさんの食材があります。

毎日、何かを口にして生きています。

その中にがん予防、
免疫効果をもつ食材、
植物があるのでしょうか。

良い栄養は、
重い病気にかかる可能性を下げ、
私たちの健康的な食生活を送っていれば、
がん性腫瘍の発症を50%以上の確率で
予防できる意見もあるようです。

どんな食材、植物があるのでしょうか。

スポンサーリンク

1.オリーブオイル

オリーブオイルは
大腸がん直腸がん
を予防してくれます。

オリーブオイルは

  • 胆汁酸の循環をよくする
  • 細胞の酸化を防ぐ
  • 動脈硬化を防ぐ
  • 悪性コレステロールの数値を下げる
  • 動脈内の圧力を調整する
  • 血糖値を著しく減少させる
  • 酸化防止の働きも持っている

というような働きがあります。

そのため、がん予防には最適だと言われています。

2.りんご

りんごに含まれる
エピカテキン
には抗酸化作用があります。

人体内では
抗酸化物質のSOD物質が作られていますが、
年齢とともにそれが減少し、
次第に活性酸素が
体内で猛威を振るいます。

その結果、
「がん」「心筋梗塞」「動脈硬化」
など様々な病気や疾患を引き起こすのです。
しかし、その活性酸素から身を守ってくれるのが
抗酸化物質であり、
その作用が抗酸化作用です。

3.ヨーグルト

ヨーグルトには善玉菌が多く含まれており、
消化の過程で毒素をもった成分が
腸内でダメージを与えるのを防ぎ、
腸内の新鮮な細胞を
再生してくれる働きを持っています。

特に、結腸がんに効果があると言われていますが、
他のがん腫瘍にも有効だとも言われている食べ物です。

4.にんじん

にんじんの持つオレンジ色の色素には
酸化防止効果を持つBカロチンが他の野菜に比べて
群を抜く量が含まれており、
細胞再生と呼吸器官に効く成分が多いため、
たばこをたくさん吸うかたにはおすすめです。

5.玄米

玄米には
前立腺がん、卵巣がん、乳がん、結腸がん
を防ぐ抗がん作用効果があります。

海藻には、
食物繊維、ビタミン、ミネラル
が豊富にふくまれており、
免疫力を補強する働きを持っているため、
放射線療法や化学療法の治療のあとに起こる
副作用を予防するのに最適な食品です。

アピジェニンを被検物に与えたところ
がん腫瘍の成長を
著しく抑えられたという研究結果も出ており、
乳がん卵巣がん
の予防にも効果的と言えます。

様々な部位や種類のがんに
効果をもたらすものがたくさんあります。

栄養とは様々な病気を防ぎます。

きちんとした食生活を送ることによって
病気に負けない健康な生活を手に入れたいですね。

クリック応援、よろしくお願いします!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク