レモンは卵巣がん予防に効果的らしいけどなぜ良いか徹底調査してみた件

とても酸っぱくて、
女性の美容に欠かせない
ビタミンCが豊富に含まれているレモンは
卵巣がんに効果的だという研究があります。

レモンが卵巣がんになぜ良いか?

気になる理由を調べてみました。

スポンサーリンク

1. レモンはビタミンCだけじゃない栄養素も含まれている?

レモンと言ったら、
ビタミンCがたくさん含まれている
というイメージですよね。

そして酸っぱくて、
とてもじゃないですけれど
気軽に食べれない方が
多いのではないでしょうか。

料理やデザートにも使われることがあり、
これからの暑い季節に食べたい
あっさりした料理に
使ってみたいですね。

レモンの栄養素には、

  • お馴染みのビタミンC
  • 酸っぱさの素のクエン酸
  • 便秘解消に役立つ食物繊維

などがあります。

他に注目される栄養素としては、

レモンポリフェノール(エリオシトリン)

があります。

レモンポリフェノール
抗酸化作用を持つビタミンC
卵巣がん予防に効果的だと
されています。

2. あまり耳にしたことがないレモンポリフェノール(エリオシトリン)とは何?

レモンポリフェノール(エリオシトリン)は、
レモンの皮や果汁に含まれており、
ポリフェノールの一種であるとされます。

特にレモンの皮に
レモンポリフェノールが多く含まれている為、

摂取を試みるとしたら
サプリメントで補う方法が
一番手軽で良いと思います。

レモンポリフェノールは抗酸化作用があり、
卵巣がん予防は勿論のこと
肥満予防老化防止効果があります。

たくさんの効果が期待されている為、
摂取しておいても
損はない栄養素ですよね。

いつまでも美しくありたいと願う女性に
必須な栄養素でもあります。

ちなみにポリフェノールを含む食べ物を
摂取した女性では、
卵巣がんのリスクが減少した
というデータもあります。

3. ところでビタミンCの効果は何?

レモンの栄養素のほとんどが
ビタミンCと言っても
過言ではありません。

ビタミンCは美容効果だけではなく、
丈夫な骨や筋肉、血管作りに必要な
コラーゲンを合成するのに
必須な栄養素です。

また、免疫力を高め、
病気知らずの体を作ります。

これらの作用がある為に、
がん予防にもなるとされています。

4. レモンが卵巣がんになぜ良いのかについてまとめてみました。

レモンはビタミンCだけではなく、
レモンポリフェノールといった
聞いたことのないような
栄養素も含まれていました。

積極的にレモンだけを食べる
というのはなかなか難しいことですが、
最近ではサプリメントによる
補助食品も発売されています。

卵巣がん予防が気になる場合には、
サプリメントを利用することも
手かもしれません。

スポンサーリンク