これは知っておくべき「サイトカイン」とは?卵巣がんが起きるのは女性ホルモンの関係⁉︎

今、注目されているのが

サイトカインと女性ホルモンの関係が
免疫力に密接に関わりがある

ことです。

サイトカインと女性ホルモンの関係が機能しないと、
免疫力が当然のように下がってしまい、
卵巣がん等の病気に
罹りやすくなります。

サイトカインと女性ホルモンの関係について
詳しく見てみましょう。

スポンサーリンク

1. 免疫力に関係するサイトカインとは?体内での役割について知りたい!

サイトカインとは、
リンパ球などの白血球が産生するタンパク質ですが、
ただのタンパク質ではなく、

少しの量で私達の体に
様々な影響をもたらしてくれます。

サイトカインの種類には、

  • インターロイキン
  • インターフェロン
  • 腫瘍壊死因子

等があります。

主な役割は、免疫系を始め、
がんやウイルスに対する
防御に関わります。

私達の体にとって、
無くてはならないタンパク質です。

特にがん予防だけではなく、
他の病気に対する免疫力にも
大きく関わってきます。

2. サイトカインと女性ホルモンの関係は相互に働いている?

女性ホルモンであるエストロゲンプロゲステロンは、
細胞からのサイトカイン産生を
抑制します。

反対にプロラクチンは、
サイトカインによる
免疫反応を増やします。

サイトカイン単体の働きだけではなく、
女性ホルモンにも
関係があることが分かります。

女性ホルモンは、免疫系に作用して
私達の体内の免疫力を
調節しているのです。

女性ホルモンは複雑な作用が働いて、
体の免疫力を上手くコントロールしていますが、
知らなかった人も
多いのではないでしょうか。

3. 免疫力が落ちると卵巣がん等のがんに罹りやすいワケとは?

がん細胞をやっつける役割で
主要な細胞が白血球です。

免疫力が落ちるということは、
すなわち白血球が正常に機能しなくなり、
がん細胞をやっつけなくなる
ということです。

しかし、白血球を頼りにしていては
極端な話、私達の体は
がん細胞で溢れかえってしまいます。

そのような困った事にならない為にも、
私たちが本来持っている
がん細胞に対する
自然治癒力があります。

免疫力が下がると、
サイトカイン産生も低下し、
がん細胞に対する抵抗力が落ちる為に、

卵巣がん等のがんに
かかりやすくなってしまいます。

4. サイトカインと女性ホルモンの関係についてまとめてみました。

サイトカインと女性ホルモンは
相互に作用して
免疫系を調節しています。

サイトカインと女性ホルモンの関係は
上手いように出来ていて、
それで体の仕組みが成り立っていて
面白いですよね。

卵巣がんになら無い為にも、
日頃から生活習慣を見直して
規則正しい生活を
心がけるようにしましょう。

スポンサーリンク