健康維持のために太陽とお散歩

心身の健康のために
お散歩してみませんか?

散歩とは散策とも言い、
気分転換や健康のために
特に目的地をもうけず
歩くことを言います。

また、
散歩は極楽として
健康増進に歩くことを
全般に指す言葉
ですが、

それ以外に
より明確な目的をもって歩く場合には、
ハイキングといった行楽もあります。

健康増進のための歩行としては、
ウォーキングがあります。

これらの歩く行為に対して、
お散歩は気軽に
住居の周辺を歩くだけなので
簡単です♪

歩きながらものを考えたりすることは
大脳の活性化などで
健康にとって特に有効だとの考えもあります。

お散歩は誰でも簡単に
どこでもできます。

歩いて健康になるなら、
取り入れたいものですね。

お散歩で健康な体作り。

  • 骨が丈夫になる
  • 貧血効果もあり。

骨を丈夫にするにはカルシウム
貧血対策は鉄分の摂取です。

でもこれだけでは効果がありません。

それぞれの成分に
「ビタミンD」が必要なのです。

このビタミンDは
太陽の光を浴びる事で
つくられます。

夏は約6分冬は約30分
太陽の光にあたると
ビタミンがつくられ骨が丈夫になり
貧血対策もできるそうです。

食事と一緒に行うのがとても有効です。

脳の活性化

記憶力や集中力、
理解力がアップし、
頭の回転が早くなります。

また、動脈硬化の予防や
脳卒中予防にもなると言われています。

ダイエット効果

20分以上のウォーキングをすると、
エネルギーが燃焼されます。
また血流もよくなり、
汗もかくので新陳代謝があがり、
ダイエット効果につながります。

ダイエットをされてる方は
ウォーキングなどを取り入れている方も多いですよね。

生活習慣予防

有酸素運動は
自律神経の交感神経と
副交感神経のバランスを
よくしてくれる働きがあります。

そのため
心臓、内臓、血管、肺
の働きを正常にしてくれます。

ストレス解消

ウォーキングで五感を刺激されますので
リフレッシュ効果があります。

ストレスをためないためにも
ぜひ、取り入れてください。

うつ病の症状が軽くなる、
という報告もあります。

太陽を浴びて体を動かす。

とても大切ですね。

散歩によって
様々なからだの健康へとつながります。

健康維持するために
散歩して、足を動かすことが
ボケ防止になることもあります。

足を動かすと、
足の筋肉運動を司る脳が使われ、
脳全体に大量の血液が送られて
神経細胞が活発に動くようになります。

からだの中でも運動機能は
足の刺激がより有効です。

気持ちもリフレッシュして、
健康維持のために
お散歩はおすすめです。

あまり歩いていない方は
少しでも歩く時間をつくれるといいですね。

健康なからだ作りを目指して、
イキイキとした時間を
意識的に持ちたいものです。

スポンサーリンク