あなたにも関係があるかもしれない「酸性体質」とは?卵巣がんに関係するのはなぜかを調べました。

「酸性体質」という言葉は、
自分自身の健康に詳しい
健康マニア以外の方なら
聞いたことない言葉ですよね。

私達の体は、「ホメオスタシス」と言って
血液phが弱アルカリ性に保たれているよう
常に調節されています。

しかし、何らかの原因で
体内が酸性に傾く状態になる
「酸性体質」が起きると、
体に不調が生じます。

酸性体質とは、何が原因で起きるのか、
また酸性体質になると
体に何が起こるのか
調べてみました。

スポンサーリンク

1. 私達の体が「酸性体質」になることは滅多に無い?

冒頭でも述べたように、
私達の体はホメオスタシスと言って

どんな環境下でも、
常に弱アルカリ性
維持するように出来ています。

ホメオスタシス
正常に機能していないというのは、
生命的に危険な状態である事を
意味しています。

ですから酸性体質は、
生命が脅かされている時以外は
滅多に無い体質だと言えるでしょう。

血液自体のph調節は
ホメオスタシスによって維持されている為、
酸性体質は科学的に
根拠の無い事だと言われます。

しかし、万が一の為に
酸性体質について理解しておく事によって、
原因への対処も出来るので
知っておきましょう。

2. 酸性体質になる原因とは

  • 食材によるもの
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 飲酒

等多くの原因があります。

食材による原因では、
「酸性食品」と呼ばれる食材(チーズ、卵、肉、白米など)
を食べ過ぎると
血液phが酸性側に傾く危険があります。

これが酸性体質の原因となります。

普通であれば、ホメオスタシスによって
血液が酸性側にならないように調節しますが、

過剰摂取の場合だと
調節が追いつかない状態になり
酸性体質となってしまいます。

ストレスや飲酒、睡眠不足では
体が疲れている状態なので、
上手く酸を排出出来なくなり、
酸性体質に陥るとされます。

酸性体質は科学的に根拠の無い事ですが、
上に挙げた原因によって
血液が酸性に傾こうとするようなことは
あるようです。

3. 酸性体質によって私達の体にどんな不調が起きる?

色々な原因で、
血液phが酸性側に傾こうとすると、
体に様々な異変が生じます。

この異変が体の不調を表しています。

血液phが酸性により酸化すると、
血液がドロドロになって
体内の血液循環が悪くなり、

細胞への酸素や栄養供給が
上手に行えなくなります。

血液がスムーズに体中に巡らないと、
頭痛や肩こりなどの
体の不調に悩まされます。

4. なぜ酸性体質で卵巣がんが関係しているのか

血液がスムーズに体中に巡らないと、
体温の低下が起きます。

体温が低下すると、
今まで活発だった免疫力の機能が落ちて、
卵巣がんに罹りやすくなると
考えられます。

卵巣がんだけじゃなく、
病気にも罹りやすくなります。

低体温が起きると病気に罹りやすくなるので、
なめたらいけませんね。

5. 酸性体質が様々な不調に繋がる事についてまとめ

酸性体質とは、科学的に根拠の無い事ですが、
酸性体質になる原因をいくつか
ご紹介いたしました。

酸性体質になる原因を知っておくと、
自分の体調の不調にいち早く気づけ、
原因を取り除くことができます。

酸性体質になると、
免疫力が下がりやすくなるので、
がん等の重篤な病気や
感染症にも罹りやすくなります。

酸性体質にならないように
普段の生活に気をつけて
生活をしていきましょう。

クリック応援、よろしくお願いします!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク