卵巣がんの症状の改善と予防に使える!?しょうがの凄さ

しょうがは数千年も昔から
多くの人が健康のために
使用しています。

その最もよく知られている方法は
料理に使うことです。

その他にもいろいろな効果があります。

スポンサーリンク

抗酸化作用

しゅうがはハーブと同じように
抗酸化物質を多く含んでいます。

むくみを改善したり、
病気を予防したい人にも
おすすめです。

健康維持のためにハーブと同様に
しょうがを使うことが
おすすめです。

胃の健康を改善

新鮮なしょうがを摂取すると、
胃の調子がよくなり、
腸の状態と働きを
改善することができます。

さらに消化酸素の分泌を
促進する効果があるため
消化機能もよくなるのです。

しょうがは、

  • 消化不良
  • 便秘
  • 下痢

などにとても効果があります。

鎮痛薬

しょうがにも鎮痛作用があるので、
関節痛筋肉痛の緩和に
効果的です。

関節炎で悩んでる人にとって、
痛みを軽減して関節が楽になったり
動かしやすくなったりします。

肉体が疲れた時は、
お風呂に新鮮なしょうがを入れて
しょうが風呂にしてみてください。

妊娠中のつわりを軽減

つわりは辛いものです。

中には嘔吐を繰り返すような
重度のつわりの方もいます。

妊娠中の体は非常に敏感なため、
薬の服用はできません。

赤ちゃんにも、
流産や合併症を誘発するなどの害を
もたらすことが考えられるためです。

しょうがをお茶にして飲むことによって
嘔吐の症状を和らげることができます。

母体も赤ちゃんも
薬物の化学物質による副作用を心配することなく
症状の緩和ができます。

腸の癌を防ぐ

しょうがには、
ジンゲロールという成分が
含まれています。

しょうがの独特な辛みは
この成分によるものです。

この成分には抗発がん作用があり、
結腸がん直腸がんを防ぐことがわかっています。

生理痛の軽減

しょうがの鎮静効果で、
生殖器官の健康を
維持することができます。

重い生理痛に悩む女性にとって、
しょうがはとても
ありがたい存在です。

生理のはじめに摂取すると、
生理痛を軽減する効果があります。

さらに、しょうがを定期的に摂取することで
生理周期を順調に保つことができます。

他にも車酔いをして、
気持ちが悪くなったとき
しょうがを口にする、
風邪のときにしょうが湯にして飲むと体が温まり、
のどの痛みを抑えられたりできます。

そして、
卵巣がんの症状の改善と予防
にも効果があります。

悪性腫瘍の予防にも
しょうがは特に効果的です。

しょうがには、
がんの最初の兆候である
むくみに効果があり、
活性酸素の生成を防ぐ作用もあります。

このように、
様々な効果を出してくれるしょうがです。

健康にもよく、
病気の軽減なども効果がでるしょうがを
料理に加えていただけたらと思います。

スポンサーリンク