手術前にかける言葉のポイント4つ。これでメール送った相手に「嬉しい!」と間違いなし

手術を受ける
友人や家族、恋人など大事な人に
「手術前にかける言葉って何が良いんだろう。」
とお悩みのあなたに朗報です。

メールであれば、
仕事が忙しい時でお見舞いに行けない時や、
遠方でお見舞いに行く機会が無い時に、
いつでもどこからでも
声をかけることができます。

面会時間外でも、
メールならやり取りをすることが
可能です。

メールで手術前にかける言葉で、
「嬉しい!元気が出た!」
と思われるようなポイントを
押さえてみました。

スポンサーリンク

1. マイナスな気分にならないような言葉をかける

手術前では、
いつもと違う不安や緊張などで
気分が沈みがちになってしまいます。

そんな人に、落ち込むような
ネガティブな言葉は
絶対にNGです。

自分が言われて嫌な言葉は、
相手に言わないようにしましょう!

短いシンプルな励ましでも、
あなたの言葉で勇気がもらえるものです。

例「手術、頑張ってね。きっと成功するよ。」

2. 普段の何気ない会話中に励ましを入れてみる

変に気を遣うメールでは、
相手がメールを受け取る時に
違和感を感じてしまいます。

日常会話の中に、
さりげなく手術のエールを送ると
ギクシャクしないで済みます。

久しぶりにメールを送りあうような仲であれば、
近状報告も交えて送ると良いでしょう。

例「久しぶり!元気にしてた?最近、手術受ける話を聞いたよ。大丈夫?」

3. 相手が今どんな気持ちなのか、など相手の立場になってみる

もしあなたが明日に手術を控えているとして、
言われたい言葉は何ですか?

中には放っておいてほしいと
考える方もいるかと思います。

しかし、手術前に何か一言でもかけられたら
とても嬉しく思いますよね。

この記事を読んでいる方のほとんどが、
相手に嬉しいと喜んでもらえるようなメールを
送ろうと考えていると思います。

それだけでも十分に思いやりを持っていますし、
相手の立場に立って考えるということが可能です。

『今、相手はどんな気持ちでいるのだろう?』
と考えた時に、
自然に思い浮かんだ言葉を
相手にそっとかけてみましょう。

4. 普段と変わらない会話をする

手術前は、
不安と緊張が付き物です。

また、病室で過ごすのは孤独ですし、
誰かと会話をして
手術前の不安や緊張を
紛らわしたいと思うものです。

そんな中、親しい人から突然のメールが送られて来たら、
嬉しくないはずがありません。

もし、あなたの周りに近々手術を受ける人がいたら、
積極的に連絡を取ることがベストです。

5. 手術前にかける言葉で嬉しいと思われるメールのまとめ

手術前にかける言葉は、
咄嗟に思い浮かばないものです。

メールならば、
少し考えてから相手に送ることができ、
自分に心の余裕が持てます。

人によって、
言われたら嬉しい言葉は
千差万別かもしれません。

あなたなりに、
相手のことを思って伝えた言葉が、
相手にとっても
嬉しいと思えるような言葉ではないでしょうか。

クリック応援、よろしくお願いします!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク