日本であまり知られていない「腫瘍内科医」とは?その数少ない実態とは?兵庫県の名医にスポットを当ててみた件

腫瘍内科医は、
がん治療を専門とする
日本には数少ない専門医です。

海外の腫瘍内科医
珍しい専門医ではなく、
腫瘍内科医の普及が目立っています。

今回は日本の数少ない
腫瘍内科医について
ご紹介致します。

スポンサーリンク

1. 私達があまり知らないがん治療のスペシャリスト「腫瘍内科医」とは?

腫瘍内科医とは、
その名の通り
がん治療をメインとした専門医で

日本では
「がん薬物療法専門医」
が正式名称として呼ばれています。

主な役割は、
全てのがん患者あるいは
がんに罹るリスクがある
患者に寄り添い、

がんの予防や治療を行う事を
主に行っています。

がん治療といえば、
患者に抗がん剤を投与する

  • 化学療法
  • 放射線治療
  • 手術

等の治療を行いますが、
腫瘍内科医は主に
化学療法に関わる仕事をしています。

がんに関わる知識が
幅広く求められる
専門医である為、

日本では2013年現在
1000人程しか専門医が居ません。

海外と比較すると、
まだまだ腫瘍内科医が日本には不足しており、

海外と同等の治療レベルに達するには、
2000人程の腫瘍内科医
必要とされています。

腫瘍内科医に限っては
人手が足りていない
状況になっています。

2. 日本で腫瘍内科医が少ないワケとは?

日本では、腫瘍内科医
約1000人と数少ない人数でした。

この少ない人数の
原因として考えられるのが、
医学部でがんについて学ぶ専門的な講座が
あまり取り上げられていない事があります。

腫瘍内科医は、
全てのがん治療に携わる為、
体中に発生するがんについて
詳しく専門的でなくてはなりません。

しかし、日本ではその分野を
広く網羅している学問を学ぶ事は
出来ない為に、
日本の腫瘍内科医
少ないとされているのです。

3. 日本で数少ない唯一の腫瘍内科医をご紹介【兵庫県編】

日本では知名度も低く、
海外に比べ普及率が低い腫瘍内科医ですが、
全国に腫瘍内科医の名医が
点在しています。

今回は兵庫県の腫瘍内科医にスポットを当てて、
数少ないがん治療のスペシャリストである
名医の方々をご紹介致します。

・ 兵庫医科大学病院の
血液内科所属の
小川 圭恭 氏

・ 神戸大学医学部附属病院の
消化器内科所属の
奥野 達也 氏

・ 市立芦屋病院の
内科所属の
古林 孝保 氏

・ 兵庫県立がんセンターの
血液内科所属の
根末 俊一 氏松本 光史 氏

兵庫県内でも数少ないのが、
お分かりいただけるかと思います。

がんで苦しんでいる方々の為にも、
がんに精通した専門医が
今後増えていくと良いですね。

4. 腫瘍内科医の実態についてまとめてみました

日本では、海外に比べると
腫瘍内科医が少ないのが
問題視されています。

実際に何が問題かと言うと、
化学療法を行う腫瘍内科医がいないと
腫瘍内科医以外の医者が
化学療法を行う事になり、

医療を提供する側の負担が増え、
医療のクオリティが落ちます。

こうならない為にも、

  • 大学で腫瘍学問の充実
  • 医学部の定員増員
  • 勉強会の開催

等の取り組みが必要と考えられます。

今後、このような取り組みで
日本も海外と同等に腫瘍内科医による
化学療法の提供が行われると

医療のクオリティも
向上するのではないでしょうか。

スポンサーリンク