体温を上げると病気が良くなる! 体温を上げるには入浴が効果的

人間の体は、
36.5℃~37℃
最も免疫が働いているのです。

体温はがんを治すのに
絶対的に必要条件なのです。

体温が1℃下がると
免疫力が37%低下する
と言われているのです。

体温変化の激しい方は
気をつけたいですね。

免疫力は
体温に比例しているのです。

体温が上がれば免疫力は活発に働き
体温が下がると免疫力も下がる
ものです。

免疫力が下がるということは、
がん細胞にとって、
好環境になるのです。

35℃では、
がん細胞は非常に増殖しやすい
環境なのです。

34℃台となれば、
生命にかかわる病気が
隠れている可能性があります。

私たちが普段思っている体温とは、
脇の下で測る表面の体温です。

しかし、大切なのは深部体温といって、
体の中の温度を測ることです。

脇の下で測る体温が36.8℃
深部体温(舌下)で測る体温で37.2℃の体温が
免疫力が活発に働いている
目安になります。

このことをしっかり
把握しておきたいですね。

二つの体温を比較して、
自分の体の冷え状態を知ることもできます。

知っておくのはとても大切なので、
ぜひ試してみてください。

二つの体温が逆転している人は注意
です。

内臓が冷えているのかもしれません。

体温が高いと思っている方も
内臓が冷えることによって
気づかないうちに
冷え性になっている方も多くいます。

体を温めることによって、
病気が治ることもあります。

なので、体温を上げることは
とっても重要で大切なのです。

スポンサーリンク

入浴で体温アップ、毒素を排出して免疫アップ!

がんを治すのには、
体内に溜まった毒素を
出すことがよいです。

どんなに良いものであっても、
毒が溜まっていたら
毒に埋もれてしまいます。

食品添加物農薬放射性物質など
私たちは気づかないうちに
体に毒素を溜めてしまっています。

この毒素は私たちの脂肪に
溜まっているのです。

毒素を排出するには、
体を温めて、
体温を上げることです。

入浴をすることで、

  • 血行促進
  • 浮腫み
  • 冷えとり

などの効果があるのです。

入浴も、ゆっくりリラックスして
入るとよいでしょう。

湯船の温度によっても
効能は変わってきますので、
自分にあった入浴方法をすることを
おすすめします。

ストレスの多い方や、眠れない方は、
ぬるめのお湯でゆっくり浸かると
アセチルコリンというホルモンが分泌されて、
リラックス効果があります。

熱いお湯は
活動する朝に入るといいですね。

また熱刺激を与えると細胞中に、
ヒートショックプロテインと言われる
たんぱく質がつくられるのです。

このヒートショックプロテイン
傷付いたたんぱく質を修復して、
細胞を活性化させてくれます。

感染症や、がんには
とても頼もしい存在なんです。

あつめのお湯に入浴して体を温めると
細胞の中にどんどん増えてくるのです。

日常のストレスから受ける疲労や、障害も
ヒートショックプロテインによって
軽減されていくのです。

体温でがん細胞を抑制する、ミトコンドリアを活性化する

私たちは、解糖系ミトコンドリア系
二つのエネルギー生成システムを使って
生きているのです。

このミトコンドリアが増えると
がん細胞の分裂が抑えられます。

ミトコンドリアは高い体温を必要とするので、
体温が高い人は偏った食事をとっても

ミトコンドリアの働きによって
必要な栄養成分に変えることが
できるのです。

人の糖からでも
脂肪酸必須アミノ酸
変えていくことができます。

体温が低い人は外から体を温め
自ら熱を発する体づくりと

偏らない食事を人より多く
心がけることが
大事になってきます。

自分の体温をまず把握しておくことが
最も大切なのです。

クリック応援、よろしくお願いします!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク