梅干しの歴史と生活への多大なる影響

梅は日本人にとって、
とても身近な食べ物。

その1つが梅干しです。

好き嫌いはあると思いますが。

梅干しは私たちの体にとって
強い味方です。

梅干しは殺菌効果が高いと
言われています。

それ以外にも
生活習慣病やガン、健康にも
いいとされています。

殺菌効果もあり、
おにぎりやお弁当の具材として、
私たちが日常的に食べている梅干しですが、
梅干しがどのようにして日常的になったのか
案外知らないものです。

スポンサーリンク

梅干しの歴史

奈良時代には梅干しは
お菓子として食べられていたようですが、
平安時代になると中国から薬として
梅を塩漬けにした梅干しが
入ってきます。

もともとは、
中国から渡ってきたものです。

鎌倉時代になると梅干しは
縁起物としてメインの料理に
添えられたりしていました。

武士が戦いに行くときには
梅干しを常備していたことから、
その頃すでに疲労回復などの
梅干しの効能が知られてきました。

また、長い間常備してても、
腐らないのがとっておきの
常備品になるのです。

江戸時代になると
一般家庭でも広く食べられるようになります。

明治時代に入ると、
梅干しが薬として認められ、
伝染病患者などに
与えられていたそうです。

梅干しの作用

梅干しには
強い殺菌作用があります。

食中毒を引き起こす細菌に
効果を発揮するのが
梅干しに含まれるクエン酸です。

特に、体力がおちていて
免疫力が低下しているときには、
細菌の影響を受けやすいので、
積極的に梅干しを食べるとよいでしょう。

胃ガンの原因ピロリ菌も
梅干しにはかないません。

梅干しの成分シリンガレシノールが
ピロリ菌を退治してくれるのです。

そして、様々なことが
からだへの健康にも
よいことがわかっています。

動脈硬化や心臓病を防ぐ効果も
あるそうです。

梅から出たエキスは

  • 不規則な生活
  • 禁煙
  • ストレス

などにより血液中のアンジオテンシンが
増加することを防ぎ、
動脈硬化や、高血圧を
予防してくれます。

夏場の夏バテ防止のため
梅干しを食べて
汗と一緒に排出された塩分を
補給することができます。

疲れたときに梅干しを食べると
疲れがとれるということもわかっており、
疲労回復によい
クエン酸が含まれています。

このクエン酸を摂取することによって、
私たちの健康を保たれます。

身近にある梅干しが
こんなにからだに良いなら、
日頃から摂取していきたいものですね。

私たちのからだは
食べ物によって健康が維持されます。

健康を意識するようになり、
知らないことが多かったことを知りました。

健康であるために、
積極的に梅干しを食べてみては
いかがでしょうか。

クリック応援、よろしくお願いします!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク